So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

中國紀行CKRM

  中國紀行CKRM

IMG_4965.JPG

  本日発売です!

カメラマン:川田編集長さん
モデルを本堂がつとめさせていただきました。

テーマは上海毅然。

 他、専門の皆様によるページも
 充実内容。

 手に取っていただけたら・・・
 全国主要書店にて販売

表敬訪問 [中国]


中華人民共和国駐大阪総領事館
  
  孫副総領事 さん 

DSCF4653 - コピー.JPG

表敬訪問をさせていただきました。

会長の広中と、観光と経済にいたるまでさまざまなお話し。
そして、今までの日中友好活動や、11月の外務省の
日中国交正常化45周年記念事業にも認定された
上海写真展 のことなど さまざまな話題で
非常に有意義な時間となりました。

ありがとうございました。

そして、富士フイルムさんのギャラリーを訪ねたり、
また、ソニーさんにも寄りましたぁ。
DSCF4677 - コピー.JPG
お、なかなかスタイリッシュな外見でいいね。
触った感覚は? いい感じ。

 こんな時間も大事。

さあ、明日から東京です。
久しぶりにお会いする方もあり、
非常に楽しみ。

いってきま~す。

☆出張中はSNSのアップはしないようにしています。
 なので、また帰阪したらみてくださいね~。

中國紀行CKRM [上海]

☆「中國紀行CKRM」Vol.9が刷り上がりましたぁ~^^
 10月18日、全国の主要書店で販売されます。

IMG_4965.JPG

FullSizeRender.jpg
 
 表紙と中のページではモデル、

IMG_4970.JPG

 最後の8頁は写真家として
 担当させていただきました。

☆テーマは「上海毅然」。大人の上海をお届け。
 発行:アジア太平洋観光社  発売:主婦の友社
 
 是非、ご覧いただけたら幸せです♡

 中国国家観光局さん上海市観光局さん、中国国際航空さん、 
 衣装協力いただいたDIESELさんはじめ、
 長い長いご縁の皆様に応援いただき、そしてその他
 にも、本当に多くの皆様にご支援いただいてのロケ。
 
 改めて、ありがとうございました!

 そして、雑誌の劉社長さん、川田編集長さんはじめ
 スタッフの皆様、関わっていただきましたすべての 
 皆様に感謝しています。

雑誌の裏表紙♡
IMG_4975.JPG
中国国際航空さん^^

2007年~2011年までイメージキャラクターを
務めさせていただき、当時のご縁があり、今がある。

長く長く応援いただき、ありがたく。

観光局さんとのご縁も20年弱。

続けること、、それは簡単ではないのかもしれない。
でも、私は難しいとは感じていない。

ただ、、一期一会。
大切にしていただいてきた、
そして大切にしたいと思ってきた皆様との
ご縁が続いてきたのは、当たり前のような気さえする。

そう、やっぱり、好き♡の気持ちが根底にある。

皆様に私の大好きな上海を、今回は中國紀行の雑誌を
通して知っていただけたら、、、感じていただけたら幸せです。

本堂亜紀の楽しいデジカメ講座 [講演]

DSCF6242 - コピー.JPG 

 本堂亜紀の楽しいデジカメ講座
      女性限定
   綺麗に撮ろう!撮られよう!

 主催:近鉄文化サロン 阿倍野

DSCF6281 - コピー.JPG
DSCF6239 - コピー.JPG

  10月期 スタート

撮られることも重視しての講座。
だから初回から、みんなメイクや装いも
すっごくセンスアップ~。

いいねいいね。この気持ち。
前向きだぁ~。

前回からご受講の方が、

「生き方は外見にも現れるんだなって前期の講座を
 通じて学びました。とすれば、少しでもきれいに
 見えるように努力あるのみ」

というメールをくれましたぁ。

すっごく嬉しい!

そう、私が教えたいのは写真がうまくなることだけじゃないから。

カメラを通して、人生が豊かになったり、視点や視野が変わったり、
会話できるようになったり、積極的になれたり、仲間の大事さ知ったり、
ファッションセンスやカラーセンスに芽生えたり・・・

生き方、人生につながればと思ってる。

そう、、私はカメラがあったから、今がある。
そして、人間磨きさせてもらってるの。

ひとりでも多くの女性たちに、知ってほしい。
カメラで楽しい人生を

第264話:テーピング [本堂亜紀のマラソン紀行]


 父がバレーボール選手だったこともあり
 気がづけば、家にあるボールを触っていた。

 20歳で引退するまでは、怪我と付き合いながらの日々。
 テーピングにはとてもお世話になった。

 そして、あれから何十年の時を経て、、、また
 テーピングのお世話になるとは(^.^)

 マラソンを始めてから、また怪我のパレードで
 あるご縁がきっかけで日東さんのテーピングに
 助けてもらった今年の大阪ハーフマラソン。

DSC_4688 - コピー.JPG
DSS_3877 - コピー.jpg

 腓骨筋腱炎でも走れたのはテープを巻いてくれた
 日東さんのおかげ。

 そして思った。
 テーピングの威力を。

 それは、スポーツに限らず、日常生活や
 医療にも役立つことを。

 まだまだ自分で巻くのは苦手だけど、、
 研究するには面白い。

 そして、颯爽と走りたいな。
 いつか、チーターのように。

 今は小太りチーターだけど(*´Д`)。。
 

第263話:生きている実感 [本堂亜紀のマラソン紀行]

 
■全国一、足切りがきついとも言われる高速レース
「大阪ハーフマラソン」。

■走り始めた2012年9月。

5分も走ると息切れ状態にも関わらず
4カ月後の2013年1月の同大会に挑んだ。
15キロ手前で足切り。

翌年2014年、ギリギリの完走。
正直、人生の中で一番きつかったといえるほど、
限界ごえのランだった。そして、”完走”と同時に
走ることをやめるつもりだった。

■しかし、思わぬことが起こり、今も走っている。
 いつまで走るのだろう。分からない。

■2015年、2016年、2017年、怪我に見舞われな
 がらも皆さんの応援のおかげで、毎年自己ベスト更新を
 している。

■そして、来年1月末開催の2018年にエントリー。
 6回目になる。正直、走れていない。
 昨年に比べるとまったくトレが足りていない。
 出張が続き、走れない日々が続いた。

■言い訳にしか過ぎない。だから、決めた。

■出張時はランニングは仕事上できないので、
 出張をしない日は、どんなに忙しくても毎日走ることにする。
 少ない距離でも走ることに。

■いつまで走るのか?分からない。
 きっと自分で限界を感じる日が来るだろう。
 その時までは一番を目指す。
 たとえ叶わなくても。

■そして、終わる時、楽しむランを長く続けたい。
 そう、月に一度、ずっと笑顔の「ゆるマラソン塾」
 のように。

今は、もう少し、アスリート魂を持って取り組みたい。
おそらく人生で最後のスポーツとなるだろうから。

そして、思うことは、
どんなことにしても 挑戦する!
ことで、生きていることを実感できるように感じる。

 一度切りの人生。小さな挑戦、大きな挑戦
 いっぱいあると思う。

そう、それは毎日毎日、何か一つずつ乗り越えることの
積み重ね。乗り越え、また乗り越え、今までの自分ではない
ひと回りも二回りも成長した自分に出逢える。

その時、誰かの何かの役に立つことが、できるかもしれない。

社会のために何かできるなんて大きな事は言えないし、できないけれど、
誰かのために何かできる存在でありたい。

 さぁ、仕事とラン。。とかいてしまいそうだけど、
 いやいや、、、ランも仕事の一環。そう人生の一部になり
 はじめている。

******************************************
☆次回の本堂亜紀のゆるマラソン塾は11月3日で~す☆
   興味のある方はmailしてね。

新疆写真展 [イベント]

  DSCF4274.JPG 
DSCF4284.JPG

    新疆 写真展

主催:中華人民共和国駐大阪総領事館

にお伺いさせていただきましたあ。

今年はやっぱり日中国交正常化45周年だから
こういったイベント、写真展が多いなぁ。。

おっと、ぼやぼやしてられないね。。
私たちの 上海写真展も迫ってきてる。

   11月10日~16日

心斎橋にある、富士フイルム大阪サービスステーションでの開催。
皆さま、是非お越しいただけたら!

でもさぁ、、、大事だなって思う。今回のようなこういった写真展や
イベントに足を運ばせていただくことも

今日も、総領事さんはじめ要人の皆様、
関空さんや日中関係の皆様とお目にかかれ
近況などをお話しさせていただく中で
次につながるきっかけにもなる。

そう、中にいては始まらないってこと。



中國紀行CKRM 上海特集です!10月18日発売♡ [上海]

DSCF4208 - コピー.JPG

中国の魅力ある文化と観光を伝える
「中國紀行CKRM」Vol.9
(発行:アジア太平洋観光社  発売:主婦の友社)が、

10月18日、全国の主要書店で販売されます。

今回のテーマは「上海」。大人の上海をお届けしています。

カメラマンは編集長の川田さん、そしてモデルは私、
本堂が務めさせていただきました。

表紙から、まさにザ・上海です。

川田さんの想う上海と本堂の想う上海のコラボ。
とても楽しいロケでした。

DSCF4230 - コピー.JPG
↑世界的に有名な超高級ホテル
 ウォルドルフアストリアホテルでの撮影シーン


最後のページ8頁は、毎号連載の
フォトグラファー本堂亜紀の”FROM上海”です。
こちらも是非ご覧いただきたいです。

予約もできますので是非、
書店へお足を運んでいただけたら幸いです。
いつもの本堂とは違ってたり、同じだったり^^

衣装提供はDIESELさん。
そして、世界的に有名なオーダーメイドのチャイナ服を
手掛けるお店で作っていただいた一筆書きの白いチャイナ
&思いいれのある黒のチャイナ。

皆様に是非、ご覧いただきたいです。
私の大好きな上海。
そして、編集長さんが中国と関わったきっかけの上海。

企画をあたためてきて半年。ようやくです。10月18日。

DSCF4322 - コピー.JPG
↑ この写真は、ガイドの王さんが私のコンパクトで撮影してくれました

また、私がモデルをさせていただいたぺージ以外にも
専門の皆様のテーマごとのページもとっても興味深いです。


アスタリフト♡ [講演]

10月29日(日)本堂亜紀の美肌・美メイク術
img072.jpg
  お打合せをアスタリフトのご担当者さんと。

まだ知らなかったアスタリフトの魅力を知り
29日がますます楽しみになってきた。

席があと少しだけあるようです^^
是非、待ってますね。
お申込みは近鉄文化サロン阿倍野までお願いします。

きがつけばもう10年もアスタを使ってる。
正直私の年齢にしては、ありえない肌かもしれない・・・。

そう、、それは日々の積み重ね。
皆さんも諦めないで、少し先の自分が
今よりも変わると思うと楽しみだよね~。

そして、今日は少し早めの夕食をひとりで。
IMG_4958 - コピー.JPG
DIESELのレストランで肉♡

もちろん仕事しながらね。
さ、まだ今日もがんばりますよ。

綺麗なろう!デジカメで^^ [講演]


 img073.jpg


   10月15日(日)~ 女性限定

     本堂亜紀のデジカメ講座

  綺麗に撮ろう!撮られよう!

主催:近鉄文化サロン 阿倍野

で始まりますよ~。

 写真は一生残ります。
 それに、いざという時にも
 自分が写っている写真は必要です。

 履歴書などでは写真は重要ですし、
 記念写真で、いつもうしろの方で
 背後霊担当している女性たちに
 もっと自信を持って写真に写ってほしいって
 思ってる。

 そうして、日常にも自信をもってもらいたい。

 今回の講座は、デジカメの写し方、写り方
 両方を楽しく実践で学んでいただきます。

 コンパクトカメラの方も是非ご参加くださいね。
 初心者の方、カメラに興味ない方も是非。

 そう、本堂の講座は、カメラをツールに
 皆さんの魅力開花のお手伝い。

 見学もできますので、一度、おいでくださいね。

   お問合せは 同文化サロンさんまで~。
      電話:06-6625-1771

 勇気がでない女性も多いかも^^
 一歩、踏み出してくださいね。
 新しい扉を。


前の10件 | -