So-net無料ブログ作成
検索選択

第902回 広中塾 [写団大阪]

師匠 広中一人先生の主宰する

広中塾「写団大阪」の902回目の定例会日♪
DSCF2443.JPG

まずは朝から先生とお打合せ。
今日のこと、そして明日からの1週間のこと。

タクシーの中でも、細かいことを綿密に話す。
DSCF2396.JPG
この時間がとにかく重要。

行き違いがないか、段取りができているか、
などとにかく意志のすり合わせ。

短時間でも、この時間が明日からの基礎となる。
聞いてるつもり、わかっているつもりでは仕事にならないからね。

広中塾では、まず、広中先生から写真の講評♪
DSCF3766.JPG
的確な指導に、皆さん次なる目標を定める。

ひととおり学んだ後は
DSCF2408.JPG
乾杯!

会員さんたちが、いつも気持ちを形に♪してくださる^^
さまざまな種類のシャンパンやワイン。そしておつまみにお菓子。
ありがたい。

黒板には、だれかが書いた
「ありがとうございます!」の文字。
DSCF2442.JPG
何気に飲んでるお酒もお菓子も、すべて
だれかのおかげだから。
ありがとうね。いつも^^

そして当塾は写真と人生を学ぶ会。
広中先生の社会講話。
DSCF2562.JPG
旬の時事問題から皆さんの身近な話題、
さらに個々の働き方についても
お話をいただく。

このお話を、聞くだけで終わらせるか
実行に移すかで、この時間の意味が
大きく変わる。

私は撮影指導。
DSCF2431.JPG
モデルさんの指導も行いますが、
DSCF2578.JPG
私がモデルさんにお話しした後、
会員さんが

  「メイクが変わると違いますね!」

と言った。

私はメイクはまったく触っていなかった。

  「心をメイクしたかな^^」と答えた。

私がモデルさんに話した後は、
表情が変わる。

カメラマンは技量も大事だけど、
人の心に入るコミュニケーションがなければ
良き写真は撮れない。

モデルのモチベーションが上がる言葉を
その場で伝える。
それは、ひとりひとりのモデルで
話し方、言い方、内容が変わる。

瞬間に考えずにできる。
これは私ならでは。

これははじめからできたわけじゃない。
沢山の皆様との会話、取材、撮影、交流あってこそ
自分の術として備わっていったものだ。

そして、当塾では
会員さんも撮影してももらう時間を設けています。
DSCF2607.JPG
撮るなら撮られよう!
モデルの気持ちを知ること。

今日も写真を通して多くの学びをした日でしたね。
DSCF2440.JPG
初参加の方も楽しく撮影、そして、仕事や生き方についても学んで
もらいました。

それにしても、仲間がいいね。
初参加の方をしっかりサポート。

良きハートの持ち主たちが集まる塾。
誇りをもっている。

広中塾「写団大阪」
http://shadanosaka.web.fc2.com/