So-net無料ブログ作成
検索選択

兵庫県・神河町 とのみね高原の山焼き [撮影]

DSC_1632.JPG
                  2016年3月26日

兵庫県・神河町。
標高900mの場所に90へクタールにおよぶ
ススキが群生する。

春夏秋冬、そして毎日の天候、風、光、影で
さまざまな顔を見せ、毎日が映画やドラマの
ワンシーンのようにそこは非日常。

だからこそ、数々の名作映画・ドラマの
ロケ地になったことは言うまでもない。

そして、3月26日、初めて山焼きの撮影に出かけた。
画像では見たことがあったが、これほどまでの迫力とは。

これで、また神河町のイメージキャラクターとして
ひとつ、ハートから写真とともに語れる宝が増えた。

連れていってくださった、役場・特命参事の山下さん、
そしていつもどんなに多忙でも対応してくださる町長さんはじめ、
皆様に感謝しています。

そして、まずはブログとフェイスブックでこの山焼きを伝えたいと思います。
ありがとうございました。

★読んでくださる皆さん、ちょっと、長いですが、、写真が
 多いので、楽しんでいただけたら嬉しいです^^

+++++++++++++++++++++++++
■まずはタクシー♪
 移動には体力を使わない^^
DSCF0894.JPG

■JR大阪駅。下から見上げると・・・
DSCF0902.JPG
 ダイナミックな幾何学模様
DSCF7805.JPG

 前のプラットフォームも・・・
DSCF7820.JPG
 何でも絵になるんだよね~
 写真ってほんと楽しい。
 その瞬間をどうおさめるか。
 自分が何を感じてるかを自分でも楽しめる

■列車~。  特急はまかぜ^^
DSCF0926.JPG
 最寄駅の寺前まではいろんな行き方があるけど、
 はまかぜなら1本で行けるからいいね。
 車内も落ち着いた感じ。
DSCF0934.JPG
 でも、ちょっと揺れるので立つ時はご注意を!

 車窓からの景色が、どんどんのどかぁ~になってきて
DSCF7826.JPG
 この日はほんといいお天気^^

■寺前駅に到着♪
DSCF7830.JPG

■役場の山下さんが迎えてくれました。(カ―ミンの看板も可愛いね)
DSCF1016.JPG
 山下さんは遅刻されたことはない。
 必ず伝えた電車の時刻には来て下さる。
 これが徒歩数分の役場に行く時でさえも
 必ず迎えてにきてくださる。

 待っていてくださるお気持ちを行動で表してくださる。

■車で30分。12時頃にとのみね高原に到着すると、、、
DSCF1053.JPG
 点火は午後2時だというのに、すでに
 歌などの催しがあり、観客が多く、
 カメラマンの方も場所どりで凄い人。

 山焼きの時には約3500人の人だったらしい。
 
■まずは、焼かれる前の今の高原を撮影~
DSCF1163.JPG
DSCF1056.JPG

 焼かれるんだね~。でもこれって必要。
 
 5月になり、 6月になったら深い緑になり、
 7月にもう少し背が高くなった輝く緑になり、

 9月には元気なススキが姿を現し、
 10月、11月には美しいススキが風に揺れ、
 感動する。日に照らされたそのススキは
 左に右に揺れながら、稲穂がダイヤモンドのように
 キラキラまたたく。。。

 そんなススキになるためにも山焼きは必要。
  
 人間も、山焼きは必要だね。
 今までの自分を焼いちゃうの。

 え~~~!  それって今までの自分を否定するの?
 そうです^^

 自分はこれでいいんだよ~、、なんて甘いこといってたら
 成長なんてしないし、改革ないし、発展もない。

 でも、言えることは、この山焼のように、焼かれたススキは
 新たなススキを生むための肥やしにもなるのと同様、
 人もそうじゃないかなって。

 今までの人生無駄じゃない。
 焼き払って、肥やしにして、次に進む。

 さぁ、山焼きしよう! 4月だよ~。
 心の山焼き。

■ぶらぶら 高原の中へ。。。
DSCF7867.JPG
 どんなシーズンでもやっぱりいいなぁ~
DSCF7871.JPG
 好きだなぁ~。雨でも風でも、、、魅力は毎回違う。

■お!? 友達発見!!!
DSCF1092.JPG
 ふふッ、誰か分かります?

■マスコットキャラクターのカ―ミンです^^
DSCF7879.JPG
 森の妖精なの。子供にも大人にも大人気!

 よく一緒に神河のPRしてるんだけど、
 カ―ミン、最近ますます進化してる^^
DSCF1101.JPG

■そして、カ―ミン撮影。
DSCF1103.JPG
 どんなチャンスも逃さない!

 見て見て!!! 可愛いでしょ♪
 カ―ミン、、、最高やね~。

DSCF7919.JPG

 止まってるより歩いてる姿が最高に良かったよ。
 こんな細い道も歩けるようになったんだね。
 ステージのカ―ミンダンスもみんな喜んでいたね。

■お腹すいたな~。
 山下さんが「神河弁当」を持って待っていてくれた。
DSCF7940.JPG
 金賞も受賞するほどの美味しさ。
 監修は山下さん^^

 自然の中で食べるお弁当は最高。
 味も抜群!
DSCF7949.JPG
 ひとつひとつ丁寧に仕上げられていて
 色々な種類が入ってるよ。

■そして、午前中、別の公務だった町長さんも
 直前に到着~。 お疲れ様です!

 どんなに大変でもいつも大きな声で男前さんです^^
 
 広中先生とも短時間でしたが、
 DSCF8027.JPG
 いろいろお話。
 先生は熊本のお話など、神河に必要なことを
 お話されていました。

■あれ? 山下さん??? いない。。
 あ、いたいた・・・^^
DSC_1366.JPG
 しっかりスタッフでがんばってはる。
 途中からは赤い警備用の棒を持って
 歩き回ってはりました。。

■アマチュアカメラマンさんから報道カメラマンさんまで
 いっぱい。みんなスタンバイOK.
 あ、私はここから撮ってないけど^^
 むふふ・・・撮影場所は一か所ではもったいないから
 あちこち走り回り、出没^^
 こういった時、邪魔なカメラマンだな~って
 思われないコツもあるのです(^_-)-☆
DSCF1330.JPG
 
■町長さんの挨拶の後、
 14時に点火の合図となる花火があがり
 
 ダンスも披露されました。
DSC_1410.JPG

■火がどんどん勢いづくとともに和太鼓も
DSC_1550.JPG
 皆さん、どんどん魅了されていきましたぁ~

 ほんと沢山の人で、パノラマで見るとこんな感じです。
DSCF8181.JPG 

■そして、火のほうは・・・ ご覧ください!
 
 始めは
DSC_1420.JPG
 これくらいから始まり、、、
 どんどん・・・
DSC_1423.JPG
 広がりを見せて・・・・
 さらに広がっていき・・・・・
DSC_1531.JPG

 和太鼓とともに、すごい迫力!!!
DSCF8132.JPG

■この高原に初めて来た数年前。
 
 「神様が舞い降りる町」だと感じた。

 光が空(天)から差し込み・・・
 神様と交信しているみたいだった。

 そして、その姿をまた見た気がした・・・。
 この写真です。

DSCF8143.JPG

 煙が天に昇る時、空からも光が差し、
 互いが交信しているかのように・・・。

■火は順番につけられ、、、あちらからもこちらからも
 順調に焼かれていく・・・・熟練の方がいてこその山焼き。
DSC_1590.JPG

■そして、クライマックスに近づくとともに、炎は迫り大きくなり・・・
 音はパチパチからゴォ~ゴォ~に変わっていた。
 写真で感じてもらえたら。 
DSC_1632.JPG
DSCF8246.JPG
DSCF8214.JPG
DSCF8190.JPG
DSCF8205.JPG

■そして、この山焼きを長年されている村の皆さんの姿が
 ちらり・・・。 
 DSCF8210.JPG
 かっこいいなぁ~。
 天候や風などをよんだうえで、ここに立っていらっしゃる。

■最後は黒い山肌がどんどん見えはじめ、
 火は消え、、、そしてあちこちから煙がおこり、、
DSC_1660.JPG
DSC_1708.JPG
 
   天に昇っていく。

DSCF8270.JPG 
 
   その時、また、天から日の光が差した気がした。。。

■沈火。。。
DSCF8285.JPG

■車に乗り込み、山を降りる。
 車中から 消防団や警備の皆さんの姿。
DSCF1353.JPG

 「最後の最後まで火が消えているか
 歩いて、じっくりと見てくれるんだ。
 これが本当に大変なんだよ。。」
                         と山下さん。

 この山焼きの意味、そしてそれに携わる人々、
 いろんな観点から見ることができた。

■そして、まず皆さんにも行ってみてほしい!!
 この高原に、ドラマがあることを知ってほしい。
 世界の有名監督、スターたちが
 この場所を絶賛した理由も感じれるかも。

 神様が舞い降りる町・・・神河町。

★番外編★
兵庫県の観光親善大使にもならせていただいたので、
帰りは姫路の夜を散歩。

八重垣さんの飲み比べセットをいただきました。 
DSCF1365.JPG

お店も、自分が入って良かった所を紹介していきたいのです!

ガイドブックに載っているからここへ!
老舗だからここへ!

なんていうのは嫌なのです(^_-)-☆

行かれた方に、本当に良かったぁ~と思ってもらいたいから。

本当の魅力を皆さんに、
写真、文字、言葉で発信していきたい。これからも。


第261回 [女性自立の会《FILLEフィーユ》]


第261回目の私が主宰する
 女性自立の会 の 定例会日。

DSCF1372.JPG

テーマは「熊本ツアーを終えて」

まずは 熊本放送さんが送ってくださったテレビ放映された
DVDをみんなで見ましたぁ^^
DSCF1377.JPG

めっちゃくちゃ楽しかった思い出が、どんどんわきおこって
行った人も行ってない人も笑顔でした^^

あれだけ話したのに、カット!!
されているシーンもあるものの
それは当然です。

というより、あんなに沢山のランナーが
いたのに、私たちがこうしてあちこちに出演させていただいていることが
本当にすごいし、これも皆さんのお力添えのおかげです!!

本当にありがとうございます!!
ディアドラのユニフォームもバッチリでしたぁ^^

そして、それぞれが印象に残った写真をもとに
感想及び学んだことを発表。
DSCF1385.JPG
DSCF1423.JPG

そして、私からは、個人ではなく団体を意識しての
行動の重要性をお話。
DSCF1442.JPG

目の前だけのことにとらわれがちな女性たち。
しかし、もう少し全体を見ると
行動が変わって来る。

そして、その行動の原点はやはり
相手を思う心。そう感謝の心。

これがあるから気づけるのですね~。

それぞれ感じたこと、学んだことも違って
ほんと、旅を終えた後、こうして締めくくることが
いかに大切か。

放ったらかしでは次につながらないから。

そして、広中先生からの社会講話も貴重でした。
DSCF1474.JPG
日本女性のこれまでの立ち遅れに
ついてお話いただきました。

今までのシステム、
そして現在はそのシステムで動いていては
先がないこと。

時代は変わっているのに、
やはり今も家事育児は女性の仕事になっている現実。

さらにキャリアを積もうとがんばっていも、
退職に終われるケースも多く、
不要人材とみなされる。

海外のように、男女の格差、
同一賃金、同一仕事においては
まったく日本は遅れている現実を
教えていただきました。

休憩&個々の現状とこれからについてもしっかり
ディスカッション。

厳しい話しもさせていただきましたが、
しっかりと未来に向かって、今を生きてほしい。

そうしたら、今をもっと大切に生きることができる。

そして、自分ができると思ったらそこまで。
しっかり学ぶ場に身を置き、
謙虚に学ぶ心を持ち続けることで
もっともっと成長できる。

第199話:過信 [本堂亜紀のマラソン紀行]

最近のマラソンにおける近況です。

1月末の大阪ハーフマラソン後、
5日間の完全トレーニングオフ。

仕事はもちろんいつも通り、いつも以上にしつつ
トレーニングは控え、次なる英気と体力回復に努めた。

オフ後、朝ラン決行。
週40㌔以上を掲げ、意気揚々・・・
と言いたかったけど、そんな簡単にはいかないのが人生(笑)

2週間目に入り、まさかの緋骨筋腱炎が勃発。

ちょうど走り始めた4年前にも走り過ぎがたたって
この症状になったことがある。

朝起きて、突然くるぶしが腫れていたの。
足を壁にぶつけたのかなと、ふつーに走っていたら
えらく腫れてきたケース。

今回はさすがに前回経験しているだけに
痛みは少ない時に、トレを落とし、
1週間後には通常に。

そして、天草パールラインマラソンへ。

身体も軽く、いい感じだと思った矢先、
帰阪後、まさか、腰痛を患うはめに・・・・

シューズを変えたのだが、
靴ずれをして、さらにスクワット(重量つき)を
いつものようにしたら
姿勢がよくなかったのだろう・・・
腰にすべての重量がのり、
ぎっくりごしのような、、、激痛が走ったの。
3日前。

撮影の仕事もあったけど、
仕事になると痛みは忘れる。

そして、痛みの原因を分析し、自分で
3日で治すと決めた。

そして、今日、3日目。

ほぼほぼ、、、治る方向性が見え、
トレ開始の気配。

今まであちこち怪我してきたが、

ボスには「過信」と叱られた。

たしかに。
調子に乗っていた。

ここに来て3日間のトレ休止。
また振り出しに戻ったようだが、
まぁ、今で良かった。

さて、明日からも仕事だけど、
トレもゆっくり開始しよう。

ま、心配は無用です。

本来なら書かないのですが、
このマラソン紀行においては
せきららに書くことで
応援していただいている皆さんとも
向き合える気がしているので
書くことにしています。

もちろん、仕事に差し支える
大けがは後にも先にもありませんので
心配はされないでください。

もう少し、自分の身体と丁寧に向き合っていきなさいという
警告なのだと思っています。

さぁ、身体も心も軽くいきたいですね!

神河の山焼き [撮影]

神河の山焼きに行ってきました。
でも、まだ仕事なので
iPhone写真の始めのだけアップ。
また後日、めっちゃいい感じの
アップしまーす!
すっごかったぁ!!

image-20160326231825.png

第198話:朝原さん [本堂亜紀のマラソン紀行]


私が走るきっかけとなった 
オリンピックメダリスト 朝原さんと^^

S0453099.JPG

数年前、彼が走っている姿を
写真におさめた時、

美しい!走りたいって思ったの。

そのことのお礼を
改めて伝えさせていただきました。

彼は、私が打ち出す ゆるマラソンのテーマに
感心してくださっているようでした^^

いつかお仕事ご一緒できるその日を楽しみに・・・
成長していきますね。

第197話:熊本・天草パールラインマラソン [本堂亜紀のマラソン紀行]

今回のツアーの目的の一つ

 元祖健康マラソン発祥地

  熊本 天草パールラインマラソン

                     出場!

DSCF1912.JPG
ユニフォームはディアドラさんで固めましたぁ。
これでかなり目立ちましたよぉ~^^
ディアドラ大宣伝!!

みんなでばっちりゴール!
S0036009.JPG

取材もたくさんしていただきましたぁ。
これも皆さんのおかげです^^

熊本放送さん。
DSCF1822.JPG
「ディアドラでそろえましたぁ♪」テレビで
と言ったけど、カットされてなかったらいいなぁ~^^^

有名なアナウンサーの方です♪
DSCF1884.JPG

しっかりつっこませていただきましたぁ(笑)
DSCF1827.JPG

そして、バトンをつなぐ。
今回、大会初出場の脇森さんにテレビ取材が向くよう
事前にプロデューサーさんにもお話♪
その流れになるようにお話をす~って持っていきましたぁ。
DSCF1846.JPG
テレビに映っているかどうか、放映されたのを見てないので
分かんないけど、すっごくいいこと言ってた、脇森さん。

そして、脇森さんから高井さんにバトンがつながるよう、
「完歩の先輩」としても話しをもっていき~、
脇森さんも高井さんも自分の言葉で
この大会の醍醐味を語られていました。
テレビに放映されたら、見た方は絶対
元気がでる内容でした。
DSCF1853.JPG
うんうん、いい感じ!

なのに~、な~ぜ~、、、女性陣!!!
せっかく脇森さんが女性陣を見て、
「女性たちと一緒に来れて良かったです」

と言ってくれたのに、女性陣、何も誰も語らない。

本人たちは気づいておらず・・・、あぁ。。チャンスだったのに。

まぁ、テレビはどれだけ話しても、ちょこっとしか
出ないので、どうなっているかは分かんないけど、

話さないと絶対に目立たないんだから、
とにかく話さなきゃ!

それにチームなんだから!!

ま、笑顔だからそれでよし。
DSCF1879.JPG

ゴールの時は、みんなちょっと慣れてきましたね~。
S0845314.JPG

そして、走った後、市の広報紙の方などにも取材いただき、、、
ケーブルテレビさんにも^^

ここはしっかり本堂マイクを持つ(笑)
S0223042.JPG
短時間で構想練って、みんなに簡単に伝えて
まぁ、うまくいったかな。。。多分。。。

一瞬のチャンスをどういかすか!
勝負だね。

そばで上天草市役所の寺中さんが
そんな感じ~って顔でニコニコサポートしてくださってる。

ありがたいなぁ・・・。

今回は、松岡局長さん、寺中さんに支えられての旅。
折り返し地点でも、、
S0364223.JPG
ずっと待ってくださって応援してくださって、、、

めちゃくちゃ遅いメンバーも待って下さって、、、
S0574286.JPG
ほんとすみません、、ありがとうございます。

後日の反省会で、びしっとお話しておきました。

ゆるマラソンだからゆるくていい。
でも、目標は持とう!

そして、応援してくれている人、待ってくれている人たちが
いることを忘れずに走ること!  と伝えました。

そうすると、楽しい中にももう少し早く帰ってこれたし、
ゴールの時、その後、お話する内容も変わったはずだから。

ひとつひとつ勉強なのです。はい。

でも楽しかったね~。
バイキンマンもいたね。
S0214172.JPG

さぁ!来年に向かおう!!

熊本・上天草 [出張]


DSCF4824.JPG

熊本・上天草 4号橋から夕日を望む

DSCF1649.JPG

みんなで撮影。
DSCF1559.JPG
忘れられない夕日。

私がちょこっと車道に出たら、、
車が徐行してくれて、プチ渋滞になっちゃった。。

ほんと、上天草の皆様のあったかいお心を
感じました。。

都会だと、ちょっと写真撮っていると
クラクションを最高に鳴らされる時がある。

まぁ、悪いのは私だけど、、、

きっと上天草の皆さんは

 「上天草っていいでしょ。
  待ってるから、ええよぉ~。
  でもちょっと早くね^^」

みたいな感じの笑顔を
私が手をあげるとしてくださった。

あったかい。

あ~、帰りたくない~。

と言いながらも、
サブいサブい~ と言って、
宿に戻り、

あったか~い温泉と
美味し~いお料理とお酒に舌鼓♪

DSCF4864.JPG
お宿は、食事に定評がある ろまん館さん。

そして、松岡局長さんが、な、なんと
本当に手に入らない

DSCF4848.JPG

 香露の大吟醸と
 千代の園の大吟醸を

持ってきてくださったのぉ~!!!

もぉ、たまりませんよ、この味わい・・・。

あぁ、、感激。

熊本・阿蘇 [出張]

折に触れ、先日の熊本(天草・熊本市内・阿蘇・黒川)ツアー
の写真をアップしていきますね。

ここにアップしきれないほどの感動がありました。
是非、来年は皆さん一緒に行きましょうね!

■阿蘇の火口までは現在行けませんが、
 ロープウェイのところまでは行けます。
 そして、写真は草千里で撮っていただきました。
 みんなでバンザ―イ!!
 って、めっちゃ右端に小さく写っています^^

 火口からモクモク上がる煙・・・。大自然の脅威とともに
 自然とともに生きる熊本を感じました。

DSCF9217.JPG 

 私たち、もっともっと羽ばたける!

 と言いながら、こんなことしてる(笑)

DSCF9214.JPG

 何か分かりますか?

 人文字です^^

   ASO

 こんな感じで、撮影・視察・取材・マラソン大会参加と
 笑顔満載の旅でした。

熊本出張を終えて・・・ [出張]

    ~熊本出張を終えて~

■沢山の皆様にお世話になりました。
 そして、今回、最強のお二人が私たちをアテンド
 してくださいました。
 
 お一人は、前 熊本県観光経済交流局長さんで
 現在、熊本県伝統工芸館の事務局長を務めて
 いらっしゃる松岡局長さん。

 もうひと方は、上天草市役所総務企画部
 参事で地方創生にも取り組まれている寺中さん。
 このお二人なくして、私と熊本のご縁はありませんでした。

■たしか2011年の夏ごろだったと思います。
 松岡局長さんが大阪事務所の所長さんで
 寺中さんが大阪事務所に出向されていた時に
 出逢いました。
 
 取材撮影の為、
 熊本のことが知りたくて事務所にお伺いしたのですが、
 寺中さんは1時間ほど天草だけの話しで夢中でした^^
 そして、帰る間際に次長さん、
 そして次長さんから松岡所長さん
 を紹介いただいたのです。

■今だから言えることですが・・・と
 「手におえない人が来たら、所長へ」ということになって
 いたので、、と寺中さん(笑)

■松岡さんとは ほんの5分、10分お話しただけでしたが、
 時間なんて関係ありませんでした。
 
 何度も熊本に足を運ばせていただきました。
 松岡さん自ら手配してくださり、
 時にはアテンドもしてくださいました。
 熊本のあらゆるところを回らせていただきました。 
 
 熊本の魅力を、存分に伝えたい!その思いを感じ
 取りました。
 
■私は
 写真、執筆、トークショー、写真展、講演会、
 新聞、雑誌への熊本の取り上げ、ツアー実施、
 くまモンとのステージ出演多数などなど、
 ありとあらゆる角度から熊本の宣伝をさせていただきました。

 代表の広中とともに2年間、
 熊本県の観光アドバイザーとしても活動させていただきました。

 熊本県さんが上海に事務所を設立される時には
 広中が上海市の要人を紹介。私もお手伝いさせていただきました。

 上海事務所オープンの時は知事さんの取材撮影も^^

 その後、中国要人をお連れして、
 知事さんへの表敬訪問も計画実施させていただきました。

■好きになっちゃったから
 お手伝いしたかったし、みんなに発信したかったのです。

■そして、あれから5年経った今も、ご縁を続けさせていただき、
 今回の出張&ツアーでもずっとアテンドしてくださったお二人。
 
 撮影隊&マラソン隊10名は、感動・感激のうちに帰阪。
 天草の魅力を発信したい!気持ちは私だけじゃなく
 メンバーひとりひとりに広がりました。

■熊本出張中、正直、FBやブログにアイフォンで撮影した写真で
 アップするのは手間がかかりました。
 
 しかし、伝えたい気持ちが勝りアップしていました。
 
 写真と簡単な文字のみでしたので、また追って、
 カメラで撮影した写真とともに、折に触れアップして
 いきたいと思います。

■経済を見据えた観光のプロフェッショナル 松岡さん。
 熱き思いで果敢に挑戦される 寺中さん。
 
 お二人に会って、そして、当時の次長さん、皆さんと
 お会いしたから熊本が好きになりました。
 今、改めてありがとうございました。

■私は恵まれています。
 本当にそう思います。
 運がいいのです!そして素敵な方々との縁を
 いただいています。

■多くの方々にしていただいた感謝は
 私が社会的活動をすることによって
 お返ししていきたいと思っています。

■私ができること。私だからできること。
 私がしなきゃいけないことに取り組みます。

■そう、結局は人。
 最大の観光資源は人なのです。
  
 そして、 常にスピードを持って対応してくださってきたお二方。
 情熱はスピード!

 本当にありがとうございます。

■そして、お世話になりました全ての皆様、
 ありがとうございました。

DSC_0293.jpg
*上天草市長さん、ゲストの朝原さん(オリンピックメダリスト)、
 そして、松岡さん、寺中さんたちと。

 

本堂亜紀の美人への挑戦 [講演]

DSCF7703.JPG

NHK文化センター梅田教室
半年1クール 本堂亜紀の美人への挑戦!
最終回でした。

最終テーマは「美しく撮られる方法」。
撮られるコツを実践でトライしていただき
1時間であっという間に皆さんどんどん変わっていった。

女性たちってすごいね。
吸収力が凄すぎ!

教えたことをただ、ひたすら実践する。
私が微妙な角度をアドバイスし、
一緒にカメラの液晶をのぞきこんでもらいながら
DSCF7754.JPG
だから、とにかく上達が速い!
撮影テクニックも同時に覚えてくれたしね^^

顔の向き、表情、手のポーズ(写真下)、
DSCF7747.JPG
DSCF7743.JPG
脚の美しく見える方法などなど
どんどんトライして、初めの写真と比べるとそれは歴然の差でした。

みんなが笑顔になって自信をもってくれた。
DSCF7734.JPG
そう、レンズ一枚越しで
撮る撮られることの意味も知ってもらえた。

そして、もっとも大切な女性が自立すること、
一生働くことの重要性もお話し。
みんなの真剣な眼差しに、ほんの少しでも
伝わっていたらと思う。

さぁ、4月からは新しいクールがスタート!
タイトル「絶対美人計画」と新しくなり
スタートします!

今日、撮影されたココからスタート!
DSCF7738.JPG
DSCF7741.JPG

もっともっと美人になれる!
自分の範囲で成長するのはたかが知れている。
その道の専門家、師匠、仲間の力が必要なのです。

縁を大切に。。。
私が今、こうして活動できているのは
縁を長く続けさせていただいているからこそです。

4月からの講座の
お申込み、問い合わせは以下、同文化センターまで。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_458216.html
とにかく実践レッスンで、和気藹藹の中にも
厳しさが光る講座です。

そして、講座後は有志で 「美のスペシャルディナー」IN銀座アスターさん。
DSCF7761.JPG
宮出調理長さんが腕をふるってくださいましたぁ。

それも、ひとつひとつの食材、その効果を書いた資料まで
いただき、、まさに美と健康の食材ばかり!!
DSCF7788.JPG
DSCF7795.JPG
DSCF7801.JPG
この他にもたくさんいただきました~。
でも胃も もたれず、消化もよくって、どれもこれも美味しいのです。

すっごい手間かかっただろうな~。
でも、そんな姿をちっともみせない。

あ~、ありがたい。
店長さん、副調理長さん、皆さんにも感謝です。

*************************
【番外編】先日の熊本ツアーの感想もお話
DSCF7696.JPG
来年はみんなで行きたいね~♪
*************************