So-net無料ブログ作成

デジカメ講座 [講演]

「本堂亜紀の楽しいデジカメ講座」

  主催:近鉄文化サロン


の日でした^^

https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/sp/abeno/shinsetsu/index06.html


 今日は 花撮影の添削と実践!

DSCF3744 - コピー.JPG
この1か月、本堂の近況と写真から
エピソードに基づいて 写真のコツをお話し。

へぇ~!!とみんなの目がキラキラ☆彡

そして、みんなが撮影してきた花写真の添削。
DSCF3769 - コピー.JPG
初めてなのに、みんななかなかうまい!!
さてさて、ここからどう変わるか?

そして、講評だけで終わらず実践が本堂流(^^♪

  まずは自分のカメラで撮影してもらって、
  それからその方のカメラを使って本堂が撮影したり、
  その方の液晶を見ながらadvice。

  私の指導方法はほんと現場。

  「せんせ~。。。うまく撮れないんですぅ~」
  「まんねりでぇ~、、、どうしていいかぁ~」

      という可愛い女性たち^^

じゃ、本堂が撮影したらこうだよね!
ってその場で撮って見せるの^^
DSCF3821 - コピー.JPG
私のカメラじゃなくて、その本人のカメラでね。
ここ重要。

わぁ!撮れるんだぁって思ってほしい。
そして、また私と会わない期間に
今日のこと思い出して、撮影してほしいから。

みんなに新しい視点と発見をカメラを通して
伝えたい。

人生、けっこう楽しいよってね♪
そう、視点を変えれば見える世界が変わる。
考え方を変えれば、もっと楽しめるから。

私の講座は、写真が上手くなることだけを
目的にしていないの。

人生をより楽しむための新しい扉を開けていただく
お手伝いかな。

みんな、すっごい伸びしろもっている。
カメラだけじゃなく、人生の幸せ度に対しても^^

さぁ、また来月!

*毎月1回の講座です。今からでも参加できますよ。
 来月は6月11日です。申し込みは近鉄文化サロン
(ハルカス)までお願いします。


出逢い・再会 横浜 [撮影]

DSC_3972 - コピー.JPG

ニューオータニイン横浜プレミアム の 最上階のお部屋から撮影

扉を開けた瞬間、目の中に飛び込んできたこの絶景!
皆様にも是非ご覧いただきたい。。。

■先日の横浜出張。

 出会い・再会の繰り返し

あぁ、、、カメラを持っていて良かったな~
この仕事やっていて良かったな~って

思うことばかり。

このお部屋に泊めていただくことになったのも、
6年ほど前、東京でのひとりのホテルマンさんとの出会いが
きっかけだった。。

そう、この方。

ニューオータニイン横浜プレミアム の 丹羽さん。

DSCF8882 - コピー.JPG

■6年前の東京出張。
 撮影した写真をその日の間に送信することが決められた出張で、
 インターネットの通じるホテルを確認し、宿泊。

 仕事を終え、ホテルに戻り送信・・・と思ったが、
 送信できない・・・。

 ホテルの方が、この部屋にだけ問題があるような感じのこと
 をおっしゃったので部屋を変えてほしいと依頼。
 満室だった。

 午前3時か4時頃だっただろうか・・・
 ホテルを変えることに決めた。

 どこかホテルはあるだろうと、荷物をまとめた。

 ホテルの方もがんばってくれたが、仕事が第一。
 というか、相当私は怒っていたと思う。

 「ネットがつながるから選んだホテル。困ります!」

 と怖い形相だったに違いない。

 しかし、そのホテルマンは最善はつくしてくれた。

 「提携ホテルにお泊りください」と。

■そのホテルが芝パークホテルだった。老舗ホテル。

 朝5時頃だっただろうか、、
 眉間に皺を寄せた女性が、
 大荷物でホテルへ。

 きっとホテルマンさんたちは「どんなクレーマーがやってくるのか」
 と思っていたかもしれない。。。実際、やっぱり私の表情は怖かった。

■ホテルに入った瞬間、
 満面の笑みで私を迎えてくれたのが、
 そう、丹羽さんだった。

 それも質の高い、宿泊していた同等のレベルとは思えない
 お部屋を用意してくれていた。

■嬉しかったが、とにかく仕事!
 パソコンをつないでいると、

   コンコンッ と ノックの音。

 そこには両手に、パソコン、接続するためのさまざまな道具
 などをいっぱい持った 丹羽さんがいた。

 「もし、うまくいかない時は、僕のを使ってください」と。

 さらに、名刺には携帯がかかれ、いつでも連絡してくださいと。

■ネットはサクサクつながり、仕事も事なきを得た。
 お礼のmailをした。 
 丹羽さんからmailには

  「良かったです。
   今日、ホテルにお戻りの後、
   お時間あればBARで一杯ゆっくりしませんか?」

 という感じのメッセが書かれていた(と思う。もう6年前のことなので。。)。

 残念ながら仕事で一緒できず帰阪の途についた。

■あれから丹羽さんは、あちこちのホテルから必要とされ
 沖縄までもいかれた。

 そして、最近、横浜のこのホテルへ。

■いつか会いにいかなきゃと思っていた。
 先日、それが叶った。

 そして、この景色をプレゼントいただいた。

 そのほかにもいっぱい、さまざまなおもてなしのプレゼントをいただいた。

 ご紹介いただいた支配人さんも、
 ずっと大切に対応いただいた。

■丹羽さんとの初めての夕食。
 これがお会いしてまだ2回目とは思えない距離感だった。

 人とのつながりは、時間や回数ではない。

 その時の1回の行動が未来を決める。

 しかし、丹羽さんにとって、私への対応は特別ではない。
 彼にとってはホテルマンとして当然だったのだろう・・・。

 お客さんの笑顔を見ることが彼の喜び。
 その喜びのために、ゲストの望むことを
 いち早く察し、行動される。

 ワンチャンスのためにその時だけ頑張ってもダメなんだ。
 いつもやっていることが、その時 普通に
 実行できるかどうか。

 これはどんな仕事でもいえるだろう。

 さて、次回はいつかな。。。

■横浜は、丹羽さんはじめ、多くの方との出逢い・再会の
 繰り返しだった。

 また時間のある時にアップしますね。

 さて、来週は熊本へ。
 どんな出逢いが待っているのかな^^

 私は本当に皆さんとの出会いで
 喜びをいただいている。