So-net無料ブログ作成

広中塾 [写団大阪]

DSCF2504 - コピー.JPG

師匠 広中先生が主宰する

  広中塾「写団大阪」

30年を超える長い長い歴史がある同塾は、
写真と人生を学ぶ会。

広中先生の社会講話が一番のメイン。
DSCF2547 - コピー.JPG
写真や重要な時事問題やそれぞれの職業に
関係することについての先を教えていただける。

私は先生と23年前に出逢った。
当初は同塾の受講生として学んだ。

あの頃、一緒に学ぶmemberの誰よりも
真剣だった。いや、他の人も真剣だっただろう。。。

何が違っていたのか。

目に見える行動をしたということ。

これにつきる。

そう、、いくらやっているつもりでも
それでは通じない。
打てば響く存在。

響き方はそれぞれ違う。
大切なことは、その時にどう動けるか。

現場第一主義で育てられた。
だから今がある。

ある新聞社の偉い方に
 「本堂さんは、重要な現場で、とてつもない力を発揮するね」と。

意識していなかったけど、これが現場の強さ。

そんなことを想いながら、、
撮影指導をする。
時に人生のアドバイスもする。
DSCF2449 - コピー.JPG
DSCF2621 - コピー.JPG
ポーズ指導も直接。みんながその場で分かるように。
DSCF2637 - コピー.JPG

今日は先月の浴衣撮影会の講評もあり
一番嬉しかった写真を女性が選んだり
楽しい一幕も。
DSCF2567 - コピー.JPG
DSCF2578 - コピー.JPG

最後は宴会。
DSCF2756 - コピー.JPG
この宴会は重要。

会で聞けなかったこと、言えなかったことを
先生に話すこと、聞くことができる。
ただの騒ぐ宴会では意味がない。

人生にどこまで真剣か。
自分に向き合ってるか。
人に向き合ってるか。
打てば響く存在か。
大切な時に話せるか。

しかし、おしゃべりはできても話せない人が多い。

まだまだのmemberを見ながら、、
自分のことを振り返る。
自分もできなかった。
だから、その都度、トライしてきた。

今もけっしてできる人ではない。
だから、私自身が成長しなければならないと思った。

そして、人生はそんなに長くないなと思った夜。