So-net無料ブログ作成

匠人 稲田憲太郎さん [撮影]

ご縁あって、機会をいただき、
熊本県の伝統工芸に携わる匠人の皆様の取材&撮影を
させていただいた。

正直、伝統工芸に興味はなく、、
しかし、機会をいただいた方への尊敬心から、
とにかくやってみよう!調べてみようと!
よく分からない文字の
オンパレードに四苦八苦しながら、資料を読み、
ネット検索し、機会をいただいた方からも教えていただき、
ビデオを見せていただくなどして、
撮影取材の当日を迎えた。

そのお一人が 肥後象嵌 の 匠人 稲田憲太郎さんだ。

折にふれ、また他の皆様もご紹介させていただきたいと思いますが、
今日は、まず稲田さんのことをblogに書かせていただくことにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

■加藤清正、その後の細川家の藩主らに守られてきたのが、
 伝統工芸に携わる匠人の皆さん。その価値を見出され、
 技を磨くことに一心不乱に力を注げる体制が組まれ、
 育まれ、熊本の地に根付いてきた。

 400年以上経った今もその匠の技は継承され、
 数多くの伝統工芸品が熊本には存在する。

 伝統工芸品は生活の中で生まれた。
 だからこそ、育まれてきた温もりがある。

 特別なもの、、、ではなく、それはとても身近なものだった。

+++++++++++++++++

■稲田憲太郎さん

修業時代、3か月毎日8時間は布目切りをしたという1 - コピー.JPG

400年以上継承されている国指定伝統的工芸品「肥後象嵌」の匠人だ。

肥後象嵌の歴史は約400年。「象」:かたどる、「嵌」:はめ込む 
ことを意味するの。当時の藩主、加藤清正、細川忠興らの時代、
鉄砲や刀の鐔などに鍛冶職人らに象嵌で装飾させたことが始まりだとか。

昨年、日本の三重県で開催された「伊勢志摩サミット」で
各国首脳たちへのお土産に、肥後象嵌が施された万年筆が贈られたことは
皆さんもご存知かも。

稲田さんはオーダーメイドにこだわり、お客様の「こうしたい!」を
一緒になって考え、世界にひとつだけのものを創りだす。

それにしても、この肥後象嵌の行程って、とんでもなく大変。

中でも「布目切り」。鉄に1mm幅に5~7本の溝を縦横斜め逆斜めの
四方向から刻みを入れ、鉄の表面を剣山のようにするんだけど、
肉眼では見えないほど細かい作業なの。まさに神業。。
1㎜四方に20本以上の刻みが入る「布目切り」はまさに神業.JPG
カフスボタンの制作中。ライターと比較して分かる布目切りの細かさ.JPG

稲田さんは叔父さんと家の貸主が肥後象嵌師だった影響で、
17歳で象嵌師を志され、高校卒業後、美術店で修業を積んだ後、
人間国宝さんの直弟子となり、27歳で独立された。

でも、独立前後は、昼間は象嵌、
夜は飲食店などのアルバイトで生計をたてられてた。

今では、講演会やセミナー、マスコミ露出も多く、
大手自動車メーカーさんからも応援される有名人へ。。。

でも、有名になられても、けっして偉そうにされず、
謙虚で礼儀正しい方でほんと、誰もが応援したくなる方。

「お客様とともに成長させていただいています」と語る稲田さん。

バックルや名刺入れ、へその緒入れなど、さまざまな依頼に
お客様と向き合って、心に寄り添い、ともに協力して世界に
たったひとつだけの宝物を完成させていく。 

そんな稲田さんの家の前には、プロ級の自転車が。
坂道をいつも自転車で駆け巡り、
ジムにも行かれているその身体は、無駄がなく洗練されていた。

体力、精神力、集中力が不可欠な匠人の身体つきに納得。
  
そして、これからやりたいことは?とお聞きすると、

「作り方は昔の難度の高い技法を追及し続け、
作るのはお客様とともに進化を遂げ創出していきたい」

               とおっしゃっていた。

制作中の肥後象嵌。
ひとつひとつの行程をじっくり丁寧に.JPG

あちこちに、いろんな道具~^^
ここかしこにさまざまな道具1.JPG
ここかしこにさまざまな道具2.JPG

鹿の角もあるんだよ。
稲田さんの後ろには鹿の角が。これも象嵌を作る道具だ.JPG
ほら、稲田さんの後ろに・・・


  400年以上も前から受け継がれてきた伝統の技。

   今、進化を遂げ、さらなる作品を創り出し、
 その人にとって、世界にひとつだけの宝物が完成する。

  それは特別だが、かけ離れたものではなく、
  とても身近なものとして、その人の宝物として
  長く長く生き続ける。。


中國紀行 CKRM  [撮影]

DSCF1466 - コピー.JPG

「中國紀行」さんに連載させていただいていますが、

 講座受講生の女性が嬉しい感想をくれました^^ 
 次号もがんばります!
 
受講生の方からの感想、抜粋です。ありがとう~(^^♪

  「都会の書店を数件まわって売り切れていたので、
   取り寄せ中國紀行 手にしました。
   写真から上海を感じさせて頂いてます!
   どの写真も本当に素敵で先生の写真集が欲しいです。
   写真を見ながら文章をわくわくしながら読んでいき、
   最後の一行は心が震えました。
   次号も楽しみにしています。」

DSCF1469 - コピー - コピー.JPG
DSCF1470 - コピー.JPG

ひとり、またひとりと中国に興味を持っていただいたり、
もしマイナスイメージだけを持っていた方がおられれば、
今までの印象が少しでも変われば。。。

中國紀行の編集長さんはじめ多くの皆様に支えていただき、
連載させていただいていますが、私だからできること!
で少しでもお役に立ち、また、新しく書店で目にしていただいた時、
編集長さんの表紙写真でハッとしていただき、
中を開いてそれぞれの専門の皆様の写真と内容にワクワクしていただき、

そして最後の8-10頁は本堂の連載で、
何か心にあったかいものを残しながら雑誌を閉じていただけるように、
写真と文字にこれからも想いをのせていきたいと思います。

皆様、ありがとうございます。

*雑誌のお求めは、全国の書店、またはAmazonでも
 購入していただけます^^
 次号は10月18日発行予定です!
 特集テーマは。。。むふふ♡

中國紀行 [撮影]

★中国の今と文化を伝える雑誌「中國紀行」Vol.8が
 出ましたぁ~。

DSCF1466 - コピー.JPG
DSCF1467 - コピー.JPG

 今回のテーマは「イマドキ北京」。

DSCF1468 - コピー.JPG

 まったく違う切り口の取材と撮影で、
 北京の若者たちを追っています。

 相変わらずの情熱取材と斬新な編集長さんの写真が
 際立っています♪

 他にもそれぞれの専門家の皆様の写真&取材が
 興味深いんです。


★そして、私は「From上海 ~フォトグラファー 本堂亜紀~」
 として8頁担当。毎号連載させていただいています^^ 

DSCF1469 - コピー - コピー.JPG
DSCF1470 - コピー.JPG

 今回のテーマは「再発見!」。新発見ではなく再発見。

 今まで見てきた上海を、違う視点で見たらどうなるか? 
 写真メインでお届け。

DSCF1473 - コピー.JPG
DSCF1475 - コピー.JPG

★そして、この原稿を書きながら、気づいたことがある。
 そう、、私が何故ここまで上海が好きなのかってこと。

 上海で11年続く人気の雲南料理店「ロスト ヘブン」。
 ここのオーナーさんを取材させていただいた時に気づいた。
 最後の一行に書かせていただきました。

DSCF1478 - コピー.JPG

★皆様、全国の書店で発売中です。
 是非、ご覧いただけたらとてもとても嬉しいです♪

++++++++++++++++++++++++
☆9月中旬から 本堂亜紀&撮影隊で上海にいってきます!

 この写真は、今年の4月に行った上海撮影隊memberの
 写真と合わせて、今年10月と11月、大阪で写真展を開催。
 
 今年は日中国交正常化45周年。
 微力だけど、がんばります。
 応援いただけたら幸いです。
++++++++++++++++++++++++

熊本の匠人 [撮影]

 
 熊本で、400年以上もの伝統を受け継ぐ
 匠人 の 皆様を先日、取材撮影させていただきました。

 東京流行通訊(上海9万部、東京1万部発行のインバウンド情報誌)
 に掲載されました!

DSCF8793.JPG
表紙からどど~ん! って 熊本匠之魂 の 文字が^^

さらにさらに、目次のページも熊本県伝統工芸館さんや工芸士の方々
DSCF8794.JPG

何故、熊本にこれだけ伝統工芸士の方がおられるか、、から始まり、、
今の熊本城の復旧にも触れ、、、
DSCF8796.JPG

そして4名の匠人の皆様をご紹介。
DSCF8797.JPG
DSCF8799.JPG
DSCF8800.JPG
DSCF8798.JPG

日本刀、来民団扇、小代焼、肥後象嵌の匠人の皆様。。。

生活の中で生まれた伝統工芸品をどんどん使ってほしい・・・
と伝統工芸館では、自由に触ることができる。

実際私もそこで触って、無料のお茶コーナーで
小代焼の陶器でお茶まで飲んで、購入したくらいです^^

生きた、熊本伝統工芸館は、まさに発信基地。
さらには、皆さんと工芸士の方々をつなぐ役目も
果たされている。

自分だけの一点を求めにやってくる人、
講座、セミナー依頼、
企業の方々の大口注文、などなど

さまざまな対応をする館。

全国を見ても例がないのではないだろうか・・・。

皆様も熊本へ行かれた際には、
まずは 熊本県伝統工芸館に立ち寄ってみてくださいね。
私もまた行きたい。

センスを磨く [撮影]


DSCF4619.JPG
DSCF4620.JPG
DSCF4633.JPG
DSCF4626.JPG
         (阪急百貨店のショーウインドー)


 コンパクトカメラはいつも鞄の中。

 そして、ハッと感じる瞬間、シャッターを切る。
 そう、感じれるか、気づけるか。

 写真が上手くなりたい~、
 ファッションセンスいい人になりたい~、
 敏感に気づける人になりたい~、
 すべてにおけるセンスを磨きたい~、

て思ったら、これ、絶対にやってみてほしいなぁ。
そう、カメラ片手に街撮り!

 センスがない人は創ればいいし、
 ある人も日々磨かないと錆びちゃうからね~。

それにしてもマネキンスタイルいいなぁ~。
     VS マネキン!

それにしても、、、体重が落ちないなぁ~。
だから、今がチャンス!
そう、次の段階に行こうとしている時だから。

何でも同じだよね~。
よく言われる踊り場って感じかな。

次に上がるための大切な時期。
焦らず腐らず諦めない!

熊本へ [撮影]

熊本へ!
いろいろ熊本の皆様にはお世話になりますが
よろしくお願いします。

image-20170516095023.png

出逢い・再会 横浜 [撮影]

DSC_3972 - コピー.JPG

ニューオータニイン横浜プレミアム の 最上階のお部屋から撮影

扉を開けた瞬間、目の中に飛び込んできたこの絶景!
皆様にも是非ご覧いただきたい。。。

■先日の横浜出張。

 出会い・再会の繰り返し

あぁ、、、カメラを持っていて良かったな~
この仕事やっていて良かったな~って

思うことばかり。

このお部屋に泊めていただくことになったのも、
6年ほど前、東京でのひとりのホテルマンさんとの出会いが
きっかけだった。。

そう、この方。

ニューオータニイン横浜プレミアム の 丹羽さん。

DSCF8882 - コピー.JPG

■6年前の東京出張。
 撮影した写真をその日の間に送信することが決められた出張で、
 インターネットの通じるホテルを確認し、宿泊。

 仕事を終え、ホテルに戻り送信・・・と思ったが、
 送信できない・・・。

 ホテルの方が、この部屋にだけ問題があるような感じのこと
 をおっしゃったので部屋を変えてほしいと依頼。
 満室だった。

 午前3時か4時頃だっただろうか・・・
 ホテルを変えることに決めた。

 どこかホテルはあるだろうと、荷物をまとめた。

 ホテルの方もがんばってくれたが、仕事が第一。
 というか、相当私は怒っていたと思う。

 「ネットがつながるから選んだホテル。困ります!」

 と怖い形相だったに違いない。

 しかし、そのホテルマンは最善はつくしてくれた。

 「提携ホテルにお泊りください」と。

■そのホテルが芝パークホテルだった。老舗ホテル。

 朝5時頃だっただろうか、、
 眉間に皺を寄せた女性が、
 大荷物でホテルへ。

 きっとホテルマンさんたちは「どんなクレーマーがやってくるのか」
 と思っていたかもしれない。。。実際、やっぱり私の表情は怖かった。

■ホテルに入った瞬間、
 満面の笑みで私を迎えてくれたのが、
 そう、丹羽さんだった。

 それも質の高い、宿泊していた同等のレベルとは思えない
 お部屋を用意してくれていた。

■嬉しかったが、とにかく仕事!
 パソコンをつないでいると、

   コンコンッ と ノックの音。

 そこには両手に、パソコン、接続するためのさまざまな道具
 などをいっぱい持った 丹羽さんがいた。

 「もし、うまくいかない時は、僕のを使ってください」と。

 さらに、名刺には携帯がかかれ、いつでも連絡してくださいと。

■ネットはサクサクつながり、仕事も事なきを得た。
 お礼のmailをした。 
 丹羽さんからmailには

  「良かったです。
   今日、ホテルにお戻りの後、
   お時間あればBARで一杯ゆっくりしませんか?」

 という感じのメッセが書かれていた(と思う。もう6年前のことなので。。)。

 残念ながら仕事で一緒できず帰阪の途についた。

■あれから丹羽さんは、あちこちのホテルから必要とされ
 沖縄までもいかれた。

 そして、最近、横浜のこのホテルへ。

■いつか会いにいかなきゃと思っていた。
 先日、それが叶った。

 そして、この景色をプレゼントいただいた。

 そのほかにもいっぱい、さまざまなおもてなしのプレゼントをいただいた。

 ご紹介いただいた支配人さんも、
 ずっと大切に対応いただいた。

■丹羽さんとの初めての夕食。
 これがお会いしてまだ2回目とは思えない距離感だった。

 人とのつながりは、時間や回数ではない。

 その時の1回の行動が未来を決める。

 しかし、丹羽さんにとって、私への対応は特別ではない。
 彼にとってはホテルマンとして当然だったのだろう・・・。

 お客さんの笑顔を見ることが彼の喜び。
 その喜びのために、ゲストの望むことを
 いち早く察し、行動される。

 ワンチャンスのためにその時だけ頑張ってもダメなんだ。
 いつもやっていることが、その時 普通に
 実行できるかどうか。

 これはどんな仕事でもいえるだろう。

 さて、次回はいつかな。。。

■横浜は、丹羽さんはじめ、多くの方との出逢い・再会の
 繰り返しだった。

 また時間のある時にアップしますね。

 さて、来週は熊本へ。
 どんな出逢いが待っているのかな^^

 私は本当に皆さんとの出会いで
 喜びをいただいている。


熊本県 天草・阿蘇・黒川 インターネット写真展 [撮影]

今年3月、3回目の出場をした

 熊本 天草パールラインマラソン

20 (21).JPG
20 (45).JPG

本堂亜紀のゆるマラソン塾member有志で参加^^
写真は熊本放送さんに放映された一幕。

大会後は、天草、阿蘇、黒川温泉まで周り、撮影・観光を
楽しみました。

楽しかった思い出を、インターネット写真展としてup!
広中塾「写団大阪」のホームページです^^
http://shadanosaka.web.fc2.com/

是非ご覧いただけたら~。

お世話になりました、皆様方に心から感謝しています。
少しでも熊本の魅力をお届けすることでお礼にかえさせて
いただきたいと思います。

また、memberのひとり、るりちゃんは
新聞投稿にも掲載されました。
JPEG_20170510_114457_601666041.jpg
同大会に昨年に続き参加した気持ち、
熊本の皆さんの笑顔に触れたことなど、
自分が、自分たちがいくことで
熊本の応援が少しでもできたらという思いが
綴られています。
今日の産経新聞の投稿欄に掲載されました。

来週、本堂は再び熊本に飛びます。
新たな切り口で熊本の人の魅力に触れてまいります。

熊本を好きになった原点の方と
またこうして縁が続いていることに
感謝し、、、
私ができることでお役に立ちたいし、
私だからできることを表現できたらと思います。

熊本の皆様、またまたお世話になります♪

「中國紀行」 主婦の友社から発売! [撮影]

DSCF7947.JPG

 中国の各地を毎号テーマに基づき
 ディープな取材・撮影で独特な視点で
 伝えている

    「中國紀行」

 主婦の友社から全国発売しています!

本堂は、毎号 8-10頁の特集で、写真メインと文字で
連載させていただいています。

上海
DSCF7956.JPG
DSCF7949.JPG

無錫
DSCF7955.JPG
DSCF7950.JPG
DSCF7951.JPG

そして今回の号は杭州でしたぁ^^
DSCF7954.JPG
DSCF7953.JPG

大きなテーマとしては今回は四川省で
DSCF7948.JPG
情熱で感性豊かな編集長さんらが
総力をあげての撮影取材。

内容も写真もディープですよぉ~。

中國に詳しい方も、そうなんだぁ~って思うこともあると
思います。そして、初めての方も、写真が多いので
見ているだけでも楽しんでいただけるかなって思います。
写真を勉強している方にも刺激的だと思います!

バックナンバーも是非 見逃さないでほしいです!
前号の本堂撮影の無錫や、上海も見てほしいなぁ~。

ひとつのメインテーマがあり、
他にさまざまなコラムや写真があり、
それぞれの個性あふれる独特の感性で
頁を任されたプロたちが
表現しています。

是非、皆様にも手に取っていただけたら
嬉しいです。

そして、いつか、メインテーマが上海!
になるように、、、むふふのふ♡

本堂亜紀と行く 熊本 黒川・阿蘇 撮影ツアー №10 最終回 [撮影]

 読者の皆さん、こんばんは。
 この回で熊本編は最終回です^^
 お付き合いいただきありがとうございます。

本当に楽しすぎました。皆様のおかげです。
とくに松岡局長さんはじめ上天草市の寺中さん、
そしてゆっくりお話しできずでしたが、影でサポート
くださった西釜さん、、、多くの皆様、
ありがとうございました。

上天草市長さんともお会いできた旅ですが、
さらに役立つ存在に、チームになれるよう
本堂亜紀とmemberはがんばっていきたいと思います。

すべての皆様に感謝して、、、最終回です。

++++++++++++++++++++++++
■上天草から黒川温泉へやってきた私たちは
 本当に最高の旅をしていることに気づく・・・。

   そう、感謝しかない。
   
 そして、私はまたこのお風呂に入りに来るだろう・・・。

a.JPG
  黒川温泉「ふもと旅館」さんの貸切風呂。
  まだ暗い時からお風呂につかり、日が昇り始める頃、
  湯船に日の光が差し、それはもう自分だけの最高級時間。

この幸せを感じることができたのも、師匠、広中先生はもちろん
松岡さん、寺中さん、熊本の皆様のおかげです。
良き経験を積ませていただいてきたからこそ、
また!と 思える。 また会いたい、また来たい!

■朝食場所へ向かう途中、出逢った小学生たち。
aa.JPG
  「おはようございます~」

 と彼らから挨拶された^^

 集団登校のみんな。
 ひとりのリーダーが、
 すっごくしっかりしていて、
 あとで広中先生がやってきた時も
 しっかり挨拶してた。

 聞くと、、すぐ前の旅館の息子さんだとか・・・
 なんだか嬉しいなぁ~。

 いつか、そう、10年先、、会ったよね!なんて言える日が来るかも^^

■朝食。朝からおかわりしちゃったよ。
b.JPG
 松崎女将は、朝から講演会で見送りできないって
 昨晩聞いていたけど、なんのなんの、、、
 朝食場所にも来ていただいて、最後には
 「麓」の美味しいシュークリームまで
 手土産にいただいちゃったぁ~。

   これなんだよね。
   おもてなし~って言葉では簡単。
   でもさ、違うの。言葉だけじゃないんだ。
   ♡を行動に、笑顔に!そして言葉に!

■朝食後は、みんなお湯めぐり。
 入湯手形でそぞろ歩き~(^^♪
c.JPG
  いいねぇ~。今後はあったかい季節にも来たいね。

■そして、出発!
  すると、、、
  若女将が見送りに~^^
d.JPG
e.JPG
 「昨晩、お会いしたかったのですが、
  子供の面倒があり、お客様に夕食お出しした後
  家に戻ったので、、、今日はお会いできるとぉ~」
    (本堂チームは夕食時間が遅かった・・・"(-""-)"ごめん)

 と、人懐っこい笑顔で、私と手を握り合う♪

 出産後もすぐに働かれ、
 「私にもしたいことがあるんです!」
 とまぶしい笑顔を見せてくれる。

 さすがに女将の娘さんだ。

 そして、同じようにみえて、違う。
 それぞれの魅力がある。
 女将であり母の背中を見ながらも
 自分といういものをしっかり持たれている。
 
 また会いたい。
 女将にも若女将にも。

■バスに揺られながら シュークリームを
 みんなで口いっぱいに頬張る♡
f.JPG
このお店(ケーキショップで焼き菓子やシュークリームも美味)、
もともとは阿蘇にあったの。

女将が食べておいしいからココに誘致。
そうしたら阿蘇よりも黒川の方が有名になって、
高級車が朝から止まって、購入されていくの。

女将は自分の感覚を信じる。
そう、誰に言われたわけじゃない。

■熊本には何度も来させていただいていますが、 
 初めて来た 夫婦滝♡ IN 小国町
g.JPG

    面白い撮影スポット!
h.JPG

   カップルや片思い、別れた彼女を思ってなど、、
   みんないろんな思いでお越しの様子が絵馬から分かる・・・

そして私たちは、、、

i.JPG

   はい(*^^)v  楽しすぎますねぇ~

滝へ続く階段を下りる時も、
手すりにいっぱいの紙製の絵馬。
j.JPG
みんないろいろ書いてるなぁ~。

でもね、私は祈願で自分のお願いしたことは
独立してからはないの。

いつも、自分においては こうします!の宣言。
自分以外の方への祈願は「お願いします!」とお願いします。

 そう、自分の人生は自分で変えられるから
 自分で神様に宣言しちゃうの^^
 そうしたらそっと力を貸してくれるかも。。。

■滝を撮影~
k.JPG
 みんな、どんな風に撮れたかな?
 いろんな撮り方がある。

 五感をフル活用。
kk.JPG

   シャッター音は滝の音で聴こえない・・・
   でも、自分の中でしっかり聞こえている。

l.JPG

   また来たいなぁ。。。

そして、カフェもできる売店によると、
埼玉出身の方で、全国あちこち行かれ、天草にも8年お住まいになり
今はここでお仕事されている店主との出会い。
m.JPG
 いろんな人生がある。

もうすぐ大阪に住もうと思っている・・・
と^^

一期一会だね。
また会えるかもしれない。

ふと振り返ると、、、、道が。。。

n.JPG

時間がないので、進まなかったけど、
今度はこの先を見てみたい。

いろんな道がある。
自分の人生もしかり。

■昼食は「草太郎庵」さん
o.JPG
 オーナーさんかと思うほどの
 おもてなし精神満載のスタッフさん^^
p.JPG
 バスが到着した時からお出迎えくださり、 
 帰りももちろん!

 やることすべてがダッシュ!
 情熱感じます。

 その情熱はお蕎麦にも・・・
q.JPG
 お蕎麦以外にもいろいろ堪能~。

 お雛様もすっごく気品があって、、、
 時代物・・・・。

 洗練されていた。。

s.JPG

r.JPG

    気品・・・


■昼食後は、一路 市内へ!
  阿蘇は、野焼きの最中だからこその景色。

  野焼きは黒くて絵にならないから
  写真に撮っても~って思う人が
  多い中、広中先生は違う。

  野焼きだからいいんだぁ~

    と、写真を撮りまくり。バスの中から。
  
  先生にはかなわないけど、私も撮る。

t.JPG
tt.JPG
ttt.JPG

    そして、また来るね!

            と、心でつぶやいた。

■市内の上通り、下通りでショッピング!
u.JPG
 遊びという意味ではなく、
 熊本ファッションを知ってほしいの。

 そう、熊本はセレクトショップや
 大阪に展開されていないブランドもある。

 そう、アパレルにかける費用が違うの。

 だから、待ちゆく女性たちも綺麗な方が多い。 
 お洒落な方が多い。

 見ているだけでは分からない。
 だから、実際に買い物をして
 実感してもらう。

 さらに、限られた時間の中での自分のたちのセンス磨きにもなる。

  でも、、やっぱり探せないmemberには
  本堂がアシスト。
  
   旅に出かけたら大胆に!
uu.JPG
  ってことで、いい買い物できたね。
 
■熊本駅~
v.JPG
 鞄にはたくさんのお土産。
 心にはたくさんの経験というお土産を
 
   持って、、、新幹線へ。

  バイバイ、熊本、また来るよ!

■みんなも、最後までいい笑顔!

   w.JPG

   この経験は、人生の確かな力になる。

   そう、、、私がそうだったし、
   もちろん今回もそうだったから。

    すべての皆様に、、、
   ありがとうございました!

                          《完》