So-net無料ブログ作成
気になる記事 ブログトップ

人生を楽しくするためには? [気になる記事]

サントリーホールディングスさんが、米ビーム社を買収

との記事が朝刊に大きく掲載されていました。

ふと思い出すのは、今年1月6日、関西財界人ら2300人が集った
新年互例会での鳥井副社長さんのお言葉。

テレビの取材で今年のひと言を尋ねられた時に色紙に
書かれた言葉

  「チャレンジ!!」

「世の中を面白くするには挑戦です」

とおっしゃっていました。

これは、自分の人生と同じだと思うのです。

人生、一生挑戦です!

つまらない~、楽しくないな~って思っている大半の方が
挑戦することもなく、ただ漠然とその日を暮らしていると思います。

挑戦することは女性を、人を輝かせます!
そして、世の中も明るくするのです。

一度きりの人生、楽しく生きたいですね。
そして、世の中も面白くできる存在でありたい。

鳥井副社長さんは、関西経済同友会の代表幹事さんも
務められ、地位の高い高貴な方。

でも、昨年の私の写真展にもお越しくださり
スピーチもしてくださいました。↓↓
http://akihondo.blog.so-net.ne.jp/2013-08-14-1

ご多忙にも関わらず、開会式後の昼食会を終え、
「写真をゆっくり見てないので、もう一度会場へ行きたい」と
おっしゃってくださり、写真を観てくださった上に、その後の私の
熊本を写真で見せるトークショーの前半も聴いてくださいました。

心あたたかい方。
経営者としてだけではなく、
人として尊敬しています。

さぁ! なんだか、ますますパワーが出てきました♪

皆さん、明日からも チャレンジ! ですね。

コラムの日程 [気になる記事]


先日ブログでもご紹介させていただきました
今月28日から始まる
毎日新聞さん夕刊での
私のコラム

   本堂亜紀の一期一会

ですが、、

大地震の関係で
28日からのスタートではなくなりました。

また、決まりましたらブログでお知らせさせていただきます。

毎日新聞朝刊に載せていただきましたぁ [気になる記事]

コピー ~ 20110315毎日新聞朝刊.jpg

毎日新聞朝刊(大阪府内版)に載せていただきました。

皆さんからたくさん反響いただきましたが、
一番にメールがあったのは両親でした。

脱OLからもう14年が経ちました。
両親はじめ、多くの皆様の応援があってこその今です。

今回、取材いただきました新聞社の方にも、
撮影していただいたカメラマンさんにも

ありがとうございます。

3月28日から連載が始まります! [気になる記事]

今日の毎日新聞朝刊に

img226.jpg

春の新紙面

夕刊もパワーアップ ということで、

img227.jpg

私のことも載せていただきました^^

夕刊のコラムで
3月28日(月)から

「本堂亜紀の一期一会」

が始まります!
皆さん楽しみにしていてくださいね。

本堂のたくさんの出会いを皆様に届け、
元気になってほしいなって思います。


来週の火曜日の毎日新聞朝刊を見てくださいね! [気になる記事]


来週の火曜日、15日、

毎日新聞さん朝刊(大阪府内版)
に、私のことを載せていただくことになりました。

先日取材いただきました[グッド(上向き矢印)]
ありがとうございます。

本堂の活動やデジカメに対する想いです。

書き手として大先輩の方に取材していただき、
そして、カメラマンさんはさまざまな賞を受賞されている方です。

是非皆さん読んでくださいね(^_-)-☆


居場所はまだ世界にある [気になる記事]


DSCF3683.JPG

今朝の読売新聞

 居場所はまだ世界にある

是非、読んでほしいなと思います。

日本では不況で仕事もなく、あっても
派遣やアルバイトなど短期のものが多く、
就職活動でも
100社受けても入社出来ないという状況。

その中で、タイやベトナムで若い日本人が楽しく
働いている様子が掲載されていました。

私が主宰する女性自立の会や、
私の師匠:広中先生の仕事セミナー受講生の皆さんも、
どんどん今の仕事から他の仕事に移行していくべく
勉強しています。
また、今の仕事をしながらも他にもうひとつ、ふたつと
できることを増やし、日本だけでなく海外にも目を向ける
ことを伝えてきました。

しかし、大半の若者たちには
危機感と行動力が欠けていると思います。

昨年も全国各地に講演に行かせていただきましたが、
なかなか若者たちの継続しての勉強と実行力が
ともなわないのも事実です。

職によっては日本でもまだまだ職はある。
そして世界にはもっと色々な活躍できるところはある。

今年も本堂亜紀と行く上海ツアーを実施しますが、
是非とも若い女性の皆さんに参加してほしいです。
上海で、世界で、がんばっている日本人がそこにいます。
日本人だけではありません、世界の人々が
がんばっています。

閉塞感を感じる日本とも言われますが
自分の心に閉塞感を感じるか感じないは
自分次第。

是非 新聞記事読んでみてね。

週刊現代 [気になる記事]

東京から帰阪しました。
東京での最後のお食事は・・・

1.JPG
うどんすきで有名な 美々卯 さん

え!? 東京でわざわざ? 

一緒に御食事させていただいた方が関西出身の方で、
会った瞬間に
「うどん食べたいっ!」 って^^

東京でも、自分流を通して活動されている姿がそのひと言で
すぐに感じることができました。

大手マスコミの方ですが、東京都内をいつも自転車で
走り回っていらっしゃるの。

気取らずかっこつけず、だからカッコイイ方なのです。

今回の東京でも
仕事の合間にたくさんの皆様にお会いさせていただきました。

皆さんそれぞれの分野でそれぞれの道を信念を持って
進まれている姿が、男女とわず かっこよかった。

未来に向かって本気で仕事をされている皆さんの個の力は 不況知らずと感じました。

不況知らずと言えば、帰りの新幹線で読んだ
”週刊現代” (1月30日号)。

ユニクロの柳井社長さんのインタビュー記事には共感しました。
・業績悪化を不況のせいにしてはいけない
・国民の自立
などなど さまざまなキーワードが飛び交う特集インタビュー。

そして、他のページには
”もう中国には勝てないのか”という見出しが。
これも非常に興味深いものでした。

今や中国は今年、GDPで日本を抜いて世界第2位となります。
世界経済を動かす中国の政策。

私の師匠の広中も講演会などで中国のことや
経営者の在り方について話しをしますが、
まさにその部分と共通点が多々あり、

今週の週刊現代は、
多くの人がこれからどのように生きていくべきかを
考えさせられるものだと感じました。

週刊現代さんのまわし者でもなんでもありませんが、
もし、チャンスがあったら一度ページを開いてみてくださいね。

最後に・・・
東京でお世話になったすべての皆様、
ありがとうございます。

皆様からいただきましたお仕事やチャンス、そしてお言葉で
私はさらに次に向かっていくことができます。

また、お会いできなくとも、いつも遠くから私を見守り
支えてくださっている多くの皆様にも
感謝の気持ちが心いっぱいに溢れ、

寒い東京駅のプラットフォームでも
何故かひとりポカポカでした[るんるん]




気になる記事 ブログトップ