So-net無料ブログ作成

第298話:大会を振り返る [本堂亜紀のマラソン紀行]

 大阪ハーフマラソン2019

   今回で7回目の出場

C69A7F5A-1D80-47D0-8F86-904FCFCE47FA.jpeg
    何とか完走・・・。

2012年 9月から走り始め、翌年の2013年の
同大会に出場。足切り2時間という、国内でもダントツで
ハイスピードのまったくゆるくない大会。

「ゆるマラソン塾」を主宰しながらも、同大会に
こだわってきた。それは、元アスリートであり、
かなりの負荷をかけないと、ある程度のトレしかしない甘い自分だという
ことが分かっているからだ。
自分で追い込まないとやらない性格はよく理解している。

でも、正直、何故走るのか?
まだ理由は見えていない。

ゆるマラソンについての答えは明確。
一生、健康で美しく楽しい人生を!

しかし、この高速レースを目指す理由はまだ見えてない。
今回も、走り終わった後の代償は、大きかった。

しかし、走ることはまだ止めない。
膝の状態をみて、これからどうするかを決めていく。
まだ、この大会に挑戦し続けるか、他のトレの挑戦を
するか。どちらにしても身体を造ることに終わりはない。

話しはそれたが、少し今回のレースを回想してみたい。
長くなりますが、良かったらお付き合いくださると幸いです。

+++++++++++++++++++++++++++++
■今年のファッションももちろん DIADORA。
a.jpg
 このウェアは 1回目の参加で着たものだ。
 理由は初心にかえるだった。
b.jpg
 皆への感謝を忘れないこと。そして、美しく強くなりたいこと、
 やっぱり カッコよく生きたいこと、スーツケースを2つ持てる力を
 つけたい事などなど、、いろんな要素が詰まっている。

■1月3日からまったく走れていなかった。
 昨年末からの膝痛が悪化し、20日のゆるマラソン塾では
 軽いジョッグでも痛みがあり、この1週間は完全トレ休止。

 いろんな手を打ったが、病院に行ってもこれまで治らなかった経験から
 日にち薬と、思いつくだけの治療を自分で試みた。

 前日には歩くのは痛くないレベルにはきたが、走りと階段は
 痛みがあり、当日まで走ることを封印した。

■当日、試走。
bb.JPG
少しの痛みがある。
悩む。。

 出るか、出ないか どちらかしかなかった。

 出たら、途中で自ら棄権することを選ばない自分の性格は
 誰よりも知っていた。

 だから、出ると後で致命傷を追うだろうかもという怖さもあった。

 しかし、出ることは、きっともっと前から決めていたように思う。
 できるところまで走り、自らの気持ちで足を止めることなく、
 足切りになった時点で終わろうということを。

■早朝から、ゆるマラソンmemberが 新しいゴザを買って、敷いて
 待っていてくれた。 ほんと ありがとう。
c.jpg
 嬉しかったのは メンバーの弟さんが毎年 同大会に参加
 してくれていることだ。1年に1度しか会わないが、
 ひまわりのように明るい彼の存在は、レース前の私たちに
 笑顔をもたらした。 ありがとう。

■カップラーメンにシュークリームなどなど、、、とにかく食べる
 2時間半前。
d.jpg
 応援のみんなが 心配して 足の調子を聞いてくれる。
 「スタートにはつくよ!」 と 答えた。

 そう、それは 私にとって

   スタートにつく = 最後を目指す

   そうい意味だった。

   走り出したら、けっして自分の意志でやめない。
   それはもしかしたら間違っていたのかもしれない。

    でも、、走り終えた今でも、後悔はしていない。
    治らなかった時は、きっと後悔するのかもしれない。
    しかし、それも自分に正直に生きた結果。
    大げさだけど、自分がしたいから走った。

    その時、その日を諦めたくなかった。

■今年は新しく 手塚ゆっこちゃんもエントリー
e.JPG
 その他は日原くんも連続参加。
 今年は仕事の都合で3人だけだったけど、
 2人も目標のキロには辿り着いた。
 2人は来年の目標を決めていたようだ。
 参加するからこそ、次にどうするか決めることができる。

■スタートを切る前から痛みはあった。。
 スタートラインにつくまでの整列の段階で少し走るのだが、、
 その時点で やばい・・と思った。
 きっと5キロまでに 足切りに合うだろうと。

 そう思うと、いつも以上に、心が楽な感じもした。
 いつも、タイムタイムと思っての走りだったからだ。
 いつやめてもいい、、足切りになった時が終わり。

■そして、スタートの号砲。
 緊張感はほぼなく、足の痛みがどこでアウトになるのか
 を気にしながら、ゆっくり走り出す。
 
 痛み止めを飲んでいたので、少しは楽だったが、、
 余裕の表情を作ろうとしても、イマイチだった。。。
DSC_スタート直後d.jpg
 メンバーが あちこちでカメラを構えて 
 応援してくれている。ありがとう。

■どんどん抜かれていく。。
 しかし、自分のテーマは
 膝を少しでも長く持たせること に 絞り

  マイペースで走る!  を貫くことにした。

 いつもなら、周りと一緒に高速で走っていたが、
 膝の痛みが最小限になるペースで何とか5キロを通過。

■「まもなく3分で関門が閉まります~」の声が6キロ地点だろうか、、
 聴こえてきて、関門にかかると思ったら、、折り返しの向こうの選手に
 向かってのアナウンスで、少々 スピードをあげた自分をなだめながら
 もくもくと走った。

■第3関門でハタッと気付いた。
 昨晩、師匠の広中先生にプレゼントしてもらった時計と
 関門で見る時刻が違うことを。
 手元の時計では明らかに10分以上私は足切りのタイムより遅いのに
 関門にひっかかっていないのだ。。

 あとで分かったことだが、時計は15分ほど進んでいたのだ。
 そんなこともあり、痛いながらも少々ペースを上げながら走っていた自分がいた。
 これがあったから完走のタイムに間に合ったのだろう。。

■5キロでアウトかと思っていたが、その倍いけばすごいじゃん私
 なんて思いながら走り、、、10キロまで来たので、
 あとは、1キロずつ、関門で足切りされるまで 走ることを
 そのまま継続した。

 膝は痛みを増していた。

 レース前に飲んだ痛み止めは もう効いていなかった。

■途中、国際女子マラソンの選手とすれ違い、力をもらい、
 距離がのびるごとに いろんな沿道の応援に力をもらった。

 痛かった。。。やめることもできたし、その選択が正しかったのかもしれない。
 しかし、スタートを切ったら、関門でひっかかるまでは走り続ける。
 何キロとかは関係なく、とにかく前に進むだけ。

■周りを見てもいろんな人がいた。
 きっと もっと大変な人もいるのだろう。
 早々と 棄権を決めた勇敢な方もいただろう。
 正解がどれかは分からない。もしかしたら私は不正解なのかもしれない。

■そうこういろんな思いを抱きながら
 18キロ地点くらいの あびこ筋のあたりに来た時は、
本堂先生森ノ宮.jpg
 膝だけではなく、膝をかばったおかげで
 他の筋肉が悲鳴をあげていたので
 どこが痛いかも分からないくらいだった。

 メンバーの二人の撮影隊が待ってくれていた。

  「連絡がないからきっと本堂先生は来るだろう」

 と。。 上の写真はそのmemberが撮影してくれた。ありがとう。

 そして、ここを越えて、19キロ地点に私がさらに目指す人がいた。
 そこまでは行こうと決めていた。

■長居公園に入ったところで毎年待ってくれている
 中学時代のバレーボールのチームメイトだ。

 ひとりで 毎年 寒空の中、私を待ってくれている。

 「今年は、待たないで!」と連絡したが、待っていた。
 
 きっと待っているだろうと、分かっていた。。。

 そして、いた!
 
 彼女の元へより、ハイタッチ。手袋が落ちた。
 彼女が拾ってくれたようだった。。

 去りゆく私に 沿道の誰もが聞こえる大きな声で

  「本ちゃん、ラスト―!」

 まじ、涙でそうになったよ。

■吹奏楽部の感動の曲にも胸がつまり
 これって めっちゃ走りにくいやん。とか思った(笑)
  ありがとう。皆さん。ほんとに。

■最後2キロで歩いている人を見た。
 どっちだ?

  関門に間に合わないと分かったから 歩いているの?
  すでに完走できるタイムだからちょっとゆっくり歩いているだけ?

 毎年、この歩く人たちに惑わされるのだ。。
  (時計はしているが、ほとんど見てない本堂なので(笑)。。。)

 しかし、歩くという選択は、私にはない。

 ただ、進む。

■最後の関門を越え、長居陸上競技場へ。
 歓声が聴こえる。
 f.jpg

 毎年 ここでスパートをかけるが今年はさすがに
 ペースはほんの少ししかあがらず、走り方は最悪だった。

 痛すぎて身体が偏り、バランスを崩していた。

■ゴール!
ee.JPG
 痛すぎて、腰から砕けそうになったが、
 なんとか歩く。。
DSC_0351長居③.JPG

■応援席を見ると、広中先生やみんながカメラを構えて
 こっちを向いてくれていた。 ありがとう。
g.jpg

       手を振った。
DSC_競技場k.jpg

 選手の他の皆さんも、すっごく 辛そう。。でも
 なんか 達成感ある表情がにじみ出ていた。
 ff.jpg

 私はどうだろう。。。走ったこと、諦めなかったことで 
 「感動した!」 と皆さんは言ってくれるが、

 調整できていなかった自分の甘さを 痛感していた。

 もっと早く手を打っていたら、、、
 当日までにここまで悪化していなかっただろうと。

 自分の身体との向き合い方に甘さがあったと反省がつのる。
 身体を、自分を大切にできなかった自分は成功するはずもない。
 
 自分の身体を大切に、強く、育てていかなければならない。
 そう、自分で自分を育てたい。

■我が師匠、広中先生は、ご自身の健康管理は誰よりも超人的で
 この日も終日、PRESSカメラマンとして専従されていた。
i.jpg
h.JPG
j.JPG

■最後には、いつもの場所でmemberと。
k.jpg 
  ありがとう。

■ 7回目の記念写真
IMG_5528.jpg
 今回は、今までで2番目に
 印象深いレースだった。

 1番印象深いのは 初めて完走した2回目のレース。

 今大会と2回目の大会では、
 身体が悲鳴をあげていた中でのゴールだったことが
 一番大きい。

 この辺りでいいや、、、なんていう人でありたくなかった。

■最後は 乾杯!
l.jpg
  さぁ、、これからのこと考えなきゃね。
  まだまだ自分と向き合い、闘いは続きます。

皆様、みんな、先生、ありがとう~~~!!!

 何故、走るのか? 明確には分かっていないけれど、、、
 やっぱり どこか人生につながるところがあって、、
 身体をかけて学んでいる気がしている。

まぁ、それで致命傷おったら もともこもないんだけどさ。
ほんと、自分の性格が嫌になるほどに、、困ったものです。
現場でないと生きれないのです。

そして、これが、本堂亜紀なのだと思います。

   改めて、、、すべての皆様に感謝して
   ありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++
☆膝の具合は、はっきり経過が分かりましたら
 また書きますね。まー、読者の皆さんは
 是非とも怪我している時は走らないで
 いただきたい。。というのが
 ゆるマラソンの主宰者としての言葉です。はい(-"-)。。
+++++++++++++++++++++++++++++