So-net無料ブログ作成

葉山有樹展「生命の美」

ご縁いただき、葉山有樹先生の「生命の美」
トークショーへ。
CFBE6CC1-3513-47CA-B9D8-0E4A2210F64C.jpegEDDB1E15-2F6B-4159-9B4E-E402AB604961.jpeg
7822D4F0-2967-4416-ACB0-CAC9172A9ED6.jpegF86A1E56-550C-4690-84BD-6E81FEE8FB2D.jpeg

私は、葉山先生と会う前に作品に出会い、

「これを創られた方は命を擦り減らしてる。。」

と呟いてしまった。。。

13EDBC91-4E6F-4ACD-93C4-27F026FBADC1.jpeg7C8280BD-0203-4AD1-8B6F-9AEC94FB4390.jpegE09B47F0-26F9-411D-8DF4-452E43F0C937.jpegACDC1599-6A94-41E3-8875-3AD115EA05F3.jpeg
そこに命が宿ってると感じたのです。
身体で感じるのです。

そして、先生のトークを拝聴し、
その感覚は間違っていなかったと知る。

今、私たちが生きているのは
先人の皆様のおかげであること。

自分の為に発揮できる力は限りがあるけれど、
誰かの為なら人は想像を超える力
がみなぎること。

ご両親と戦争のこと。

何万年も前から宿ってきた命と自然に
我々は生かされていること。

                 などなど。。。


何もせずに死んでどうする?そんな風に、
先生のお話を感じとりました。

先生の佐賀の工房へも行きたくなった。

      生きるとは?を考えさせられた。


最後に見た作品が、ぼやけて見えた。  

え?!老眼??に突然なったの?? 

 と焦る私。

そこへ先生のお仕事パートナーの方が、そっと後ろから、

     「感動されたんですね」と。

我に返り、気づいた。

老眼じゃなく、自分の瞳に涙の膜が。。。
出会いに感謝。一期一会。

7003D579-4A6A-4927-8CD0-2B738F592C0F.jpeg862BB1FD-70F4-4B56-B731-0379C515EF70.jpegC333FE66-920F-4A9C-B1CA-CC12D1867F76.jpeg先生はこの35年間
睡眠時間は毎日3時間だと、スタッフの方が
教えてくれた。

この個展も、朝早くから深夜まで、
ご自身が最後まで立会い、
指示を出され、見届けてのスタート。

そして、来場された皆様に、惜しげも無く
描く姿をお見せになる。。。

私は、内覧会という貴重な時に
出会えたことに、改めて、運がいいとしか
思えない。でも、これもかれも、
我がボス、広中先生が私を導いてくれている。

一期一会。我が人生。