So-net無料ブログ作成

第309話:楽しくなきゃ続かない! [本堂亜紀のマラソン紀行]


 走り始めて約8年。

DSC_3843 - コピー.JPG
いろんなことがあった・・・。

ゆるマラソン塾も もう5年目だ。

運動嫌いのみんなが続ける方法を
あの手この手で(笑)^^

 今では みんなゆっくりだけど10キロ走れる♪

DSCF3669.JPG
  天草パールラインマラソンで10キロ完走

  大阪ハーフマラソンに挑戦するmemberも
IMG_5608.jpg

ひとりひとりの調子や目的に合わせてやってきた。
そして、宴会も楽しくって、、みんな続いてる。
59385133_596301220880846_16268468533854208_n.jpg

でも、、、この1年、ずっと考えていた。。。

私が8年、継続できた理由。

 それは、人参を自分で掲げてきたから。

時に、目標(大阪ハーフで完走)という人参 だったり、
時に、美味しい食事 という人参だったり、、、

でも、、、これじゃ一生続かない。
そう、小学生が テストで満点取ったら ゲーム買ってもらえる!とか
○○大学入るために 勉強頑張る  

みたいなもの。

だから  その目標を達成したら終わる。

まずは 学ぶことの楽しさを自分が気づき、勉強したい!になること。
そして、勉強して大学いって、その先にどうなりたいかがイメージできていること。
もちろん その夢の通りじゃなくてもいい。でも、その時、こんな方向に僕は進みたいって
あると、きっと今の学びは続く。

そう、、きっと、走るという行為も同じ。

苦しいと思って走るのは 長くは続かない。
(もし 続いても眉間に皺がいっぱいはヤダな。。)

じゃ、どうする?

走るという行為が好きにならないと。

そうして、自分なりに今も模索しているが、、、
今は、走るの、いいねってなってるの。

それは、走ることに心地良さを感じ始めているから。

明日は、
  「本堂亜紀のゆるマラソン塾 特別編」

本堂が身体で感じて来たことを皆さんにお伝えしたい。

ひとりひとり それぞれの走り方があっていい。
それが心地いいならそれが一番の走りだから。

 そのヒントにしてほしいって 明日は思っている。

そして 走る先には、 美と健康。それも100年を目指す
ということがある。

明日の午前中は、私が尊敬する 筋肉のプロ 桑原先生の
特別セミナー。

      さぁ、皆さん、お待ちしています。

自分の為に生きる


先日、ある会食に招待いただいた。

ひとりの60代男性の方がいらっしゃった。

定年退職後、ずっと好きだった絵を本格的に開始され
今は画家として活動されている。

その方が、皆さんの前で挨拶された
最後の言葉が響いた。

 「自分の為に生きる人生を送りたい」



皆さんは、自分の為に生きていますか?

そんなのわがままだ、家庭があるのに、
子供がいるのに、、とか考えることが
大切なのでしょうか?

私は嫌だな。
もし、家族が私の為にしたいことをやめて
我慢して生きてるなんて。。。

もちろん家庭を持っている方は
家族ごとにルールはある。

でもさ、
子供ために、旦那さんのために、家族のために、、会社のために、、、
ためにために・・・って言ってるのって
それって依存してる気がするの。

誰かの為にしている自分に安心している感じがするの

自分で決めて、自分がしたいことをする。
自分の為に生きる。

 私のお隣には日本人で
 60代で上海で起業された方。

「自分の為に生きる・・・うん。。。そうだね」

と、、、首を縦に大きく振られていた。

パーソナルレッスン [講演]

今週もあっという間に過ぎて行った。。。

ほぼ寝るのが午前様で、、、身体が持つのか、、と思いながらも、
若い時から運動していたおかげが今の身体に役立っているようだ。

今週は、お昼間はパーソナルレッスンと企業での講習会の講師、
夜は原稿書きと写真セレクトに追われたので、blogにアップできず。。

パーソナルレッスンの ある女性は美容師さん。
次のステージに向かう途中の彼女の
メンタルから外見、ファッションまでをサポートさせていただく。

本当に、私のもとには色々な女性がやってくる。。
blogをみて連絡くれる方もあれば、FBだったり、
講演会や講座、仕事先などなど、、、。
私の活動や仕事ぶり、あとは、今日の美容師の女性の方は、

 「本堂先生に言われると、その例えが正にそう!って思えるんです」

だというのです。

う~ん。。。数年前から モデルやタレントさんだけではなく、希望いただき
異業種の女性たちのパーソナルレッスンを始めているが、、、

私が話すたとえ。。。あ~。。そうか、、撮影取材で数え切れない人と
出会ってきているからというのは大きい。

さまざまな人生を聞かせていただき、文字に写真にしてきた。

なかなか複数の講演会では、じっくり向き合えないけれど
パーソナルとなれば、撮影取材と同様、まずその人を知るところから
始め、何を求め、どうすればいいかを構築していく。
常に会話をしながら。。。

そんな私も今は、自らを戒める。
自分で自分をプロデュース。自分のパーソナルレッスンを欠かさない。

もちろん、自分だけでは視野が狭くなるので、
多くの人と会う中で、いいね!って思うことを
自分の中に取り込み、自分の中で消化していく。。

そして。この歳になって、ようやく私の能力が他の人よりも
長けているのは 何かってこと に気づいた。

カメラも文章、講演もプロデュースも、すべて業で専門だけど、
最も大切な自分の根幹の力を知った。

 さぁ、人生、これからがもっと楽しくなりそう♪

20190426 profile aki hondo.jpg

↑ 25年間のばしてた髪の毛を切った今年の4月
  プロフィール写真も変更です♪

 昔の自分を受け入れ、そして進化する自分を楽しむ。
 時間がかかった。。。けれど、ここから本気のスタート!

年齢なんて関係ない。自分が今、どうしたいか。ただそれだけ。
人の顔色伺ったり、会社の空気読んだりしてるなんて、
その時間がもったいない。

だって、結局、人の心なんて分からないもの。

相手のことを思って言えないんです・・・という女性がいるけど、
それってさ、、自己防衛。
自分が傷つくのが怖いからじゃん。

 傷ついて、修復して、本当の意味で強くなって、
 優しくなれる。

私もまだまだまだまだ。人生、面白く生きなきゃ損損!!

   傷つく = 気づく = 成長する

京劇 [中国]

59BA797E-507D-4486-917D-C3023AB3EF5F.jpeg
NHK大阪ホールが満員御礼!

昨晩一緒にお食事させていただいた
国家一級俳優の厳慶谷さん。

今日は舞台で、鳴りやまない拍手を
浴びてらっしゃった。。

まともに京劇を観客として観たのは
初めての私。いつも仕事関係だったから。。
でも、初めての人でも入りやすい内容でした。

そして、厳さんはじめ、
全ての皆さんの鍛え抜かれた技と表現力には
皆さんから惜しみない拍手が。

最後は、鳴りやまない拍手。
カーテルコールで、皆さん登場した後、
厳さんが再びお一人でお出になって、
感謝の心を皆さんに。

京劇は敷居が高い、、分からない、、
印象を持たれる方多いですが、
今回は厳さんが主演だけではなく、
構成も演出も全て手がけた。

若い皆さんにも観てもらえるように!
新たな時代到来。


40B94952-1C8E-4A84-84BD-8A1625FE93A8.jpeg6AA855C9-1237-4405-BDB1-483FF6E11D90.jpeg6091A6C6-75DD-4FDC-964F-B34240F998FA.jpeg
ご縁をいただきました
上海でご活躍の土肥さん〔お蕎麦と美味しい和食のお店を上海と蘇州で展開されている〕

そして、皆さま、ありがとうございました。

国家一級俳優 厳慶谷さん [中国]

明日、大阪のNHKホールで、上海京劇院の公演が行われる。
「京劇西遊記2019~旅のはじまり」

孫悟空を務めるのは、国家一級俳優の厳慶谷さん。
前夜となる今日、厳さんを囲む会があり、
出席させていただきました。

お人柄の素晴らしさを誰もが感じる時間でした。

そして、明日、京劇の素晴らしさを目の当たりにすることになります。

後援会長の土肥さん(上海で”紋兵衛”蕎麦屋さんを十数店舗経営)、
ご縁をありがとうございます。

IMG_9192.jpg
みんなで 孫悟空~(^^♪

IMG_9154.jpg

IMG_9188.jpg

IMG_9149.jpg

IMG_9124.jpg

第308話 本堂亜紀のゆるマラソン塾 [本堂亜紀のマラソン紀行]

本堂亜紀の 「ゆるマラソン」塾!
         チラシが完成♬

80BCD8BE-2714-49E9-B0A6-E1F52A685EE4.jpeg
メンバーの寺井造美ちゃん作成^ ^

造美ちゃんも、始めは歩いてたのに、
今じゃ、10キロ走ってるし、大会も!

あっという間に、今年で5年になる同塾。
運動が好きな人は誰もいないところから
始まった。

人生100年と言われる時代、
健康と美をテーマに、
楽しく身体を動かす習慣を 
多くの方につけてもらえたら。

ご興味のある方は、メール
お待ちしています。

ひとりじゃなかなか運動しない方、
今まで運動習慣がなかった方、
初心者の方、
とにかく楽しみたい方、
 お待ちしています。

もちろん、上級者の方も歓迎です!



減量 [美・健康法]


 昨日の 本堂亜紀のゆるマラソン塾 で
 メンバーのひとりが来月第3日曜日までに
 3㎏の減量を、私とそしてメンバーと
 何よりも自分に約束した。

 彼女は先日、ディーゼルでとっても素敵な
 カジュアルセクシーワンピースを購入。
 
 それをより似合う状態で着こなし、7月28日の 
 蘇州園での美しい場所に参加してほしいと
 思っている。

 7月21日が減量マイナス3㎏のタイムリミット。
 
 ということで、私も勝手にそれに付き合うことに
 今朝決めた^^

 人に言っておいて自分はやらないのはちょっと嫌だしね。

 さ、頑張ろう。 

 身体を造ることは仕事にもつながる。

 夏に向かって、身体のモデルチェンジ!

   意志があれば、できる!

第307話 ひとりひとり [本堂亜紀のマラソン紀行]

本堂亜紀のゆるマラソン塾♬
もう五年目になる。

運動苦手な人、嫌いな人、
体力ない人、などなど、
走りたいから走りにきた!
という人がいない、同塾(๑>◡<๑)

だって、こんな感じだもん!
44A3CE7F-77B2-4E28-9901-5858CDAEFD76.jpeg4887B4C2-011E-4B5B-A083-53676DBADC17.jpeg
AF8DB09F-110F-4359-9860-4778C0E07A3A.jpeg楽しくその人に 合わせ
そして、少しの負荷をかけて、成長へ
みちびく。。。

ひとりひとりとの対話を
大切にしたい。

今日は仕事などで、少人数だったけど、
それも良かった。フォーム確認など
じっくり。

遊びもするけど、しっかり走る塾。
今日も走れる人は10キロ。
他の人も8キロ。歩いて走った。

知らない間に走れてる。


日本一明るい経済新聞 竹原さん♬

2474900F-351F-4682-A62D-8F516A99FFB8.jpeg2A920009-33E0-4FDA-9937-B5E5570751E8.jpeg
日本一明るい経済新聞の竹原編集長さん♬ 
 大手新聞社の経済部長を経て、約20年前に独立。

ご自身で新聞社立ち上げ、中小企業さんをはじめとする皆様の取材を月に40-50本。

さらにテレビ、ラジオにも出演され、その他講演やセミナーなどなど、大忙しの大先輩!

久しぶりにお目にかかり、もー、あの頃とまったく変わらないお姿に、感謝と感動と、これからまた一緒に!って凄く思いました。

駆け出しの頃、20代前半の私をカメラマンとして起用してくださった方。

まだ、私が松下電器〔現在のパナソニックさん〕の受付にいた頃から、粋にさらりっと応援してくださった方。

写真は、竹原さんのオフィス^ - ^ すっごくオシャレー。

お会いすると、時はあの頃に戻り、
でも会話は今とこれからのこと中心で
いろんなお話がザクザク。
そしてあの頃と違うのは、私も沢山お話しているということ。20年前は、いっぱい竹原さんが
お話ししてくれてた。
今日は、取材もしていただき、、
大先輩なのに、気取らない飾らない竹原さんには、やっぱりフラットな感じで話せちゃう。

これからも一緒に、何かが動く。。

でもさ、竹原さんは定年よりかなり前に辞められ、独立された。今は普通の方の定年を、はるかに超えられるお年にもかかわらす、毎日、15000歩は仕事で歩いてらっしゃる。
しかし、膝が最近痛くなったからと、
スクワットを自宅でされて、治したと^ - ^
筋トレをかかさないという。

元気な経営者さんを数多く取材されてるからこそ、元気と経営の秘密を知ってらっしゃる。

私の師匠  広中先生の元気さと仕事力にも
驚かれてて、次回は一緒に会うことに。

さて、皆さん、100年生きる時代に、
今、何をしているか?ですね。

竹原さんの大手新聞社を早期退社して
起業された決意。中小企業さんを取材
し続けて、いろんな方からのいろんなお話を
ほとんど受け入れ、波に乗りながらこられた
という方。素敵人。
8C668DD5-434F-463A-83A5-D4C23A41110B.jpeg
ありがとうございます!の気持ちこめて
地元の美味しい和菓子屋さんで購入した
お菓子を。。。
9E11C72D-DB73-4366-A853-83B623A02C28.jpeg
初めてのオフィスにお訪ねするときは、
1時間程前に到着して、その辺りを散策。
ここもそれで見つけた、28年、お父さんが
頑張ってるお店。短い時間だったけど、
高卒でこの道に入り、厳しかったころのこと
語ってくれた。。。

竹原さんのオフィスを後にして、
仕事のまとめと、この靭公園界隈のお店視察も
兼ねて、サクサク歩き、いくつか発見!

感じのいい店も見つけた。
6E9391A3-D03C-4E2A-B232-D3AA7A12EE12.jpegC0A4068B-4D6A-4D63-9CC3-26F1CAFE997C.jpeg10A1E3F6-AABE-40A3-A898-5DE0E052B67E.jpegF30C6808-9FF2-4831-949E-B9D1578D5123.jpegC365D65B-97B3-4BAD-9B54-5CF239F657AA.jpegAF0F2DB9-2B6F-4C6F-8FFE-B749A356FD9F.jpeg607F73C5-7729-41C7-910F-21DE466E735C.jpeg歩けば棒じゃなくて、
人とお店と景色に出会う♬

さぁ、歩こう! 

THE GARDEN PLACE SOSHUEN(蘇州園) [取材]

  いつもblogをご覧くださっている皆さんへ

いつもありがとうございます。感想メールやメッセージも
ありがとうございます。なかなかお返事できずですが、
拝読させていただいています。

今日、ご紹介させていただくのは

御影にたたずむ

  THE GARDEN PLACE SOSHUEN(蘇州園)

です。ご縁は10年前の2009年。↓↓
https://akihondo.blog.so-net.ne.jp/2009-12-27
当時はオリエンタルの名前でした^^

華商大会のトップも務められた 黄耀庭さんは
華僑の世界でも知らない方はいないのでは。。。

私の日中の活動において、とても喜んでくださり
2009年12月に 蘇州園に招いていただいたのです。
その時の写真です ↓ ↓
8-c5d85[1].jpg
左が黄さん。右が蘇州園のGM 生嶋さん。

それから時は流れ、10年後の今年。
フェイスブックでご縁いただいた、当時、私を迎えてくれた
生嶋さんとつながることができ、再会を果たしました。
57262934_398582314312629_2107787601745281024_n.jpg

インバウンド情報誌「旅日」で撮影・取材させていただきました。
IMG_9065.jpg
IMG_9064.jpg

「旅日」が発行されましたので、その内容にプラスして
 少し膨らませた内容を、以下に記事として綴ります。

++++++++++++++++++++++++++

 THE GARDEN PLACE SOSHUEN(蘇州園)

~ 非日常の世界。それは、自分を開放してくれる場所 ~

DSC08043.JPG


高級住宅街が立ち並ぶ御影(兵庫県神戸市)に
THE GARDEN PLACE SOSHUEN(蘇州園)は聳え立つ。

正面入り口.JPG

元は1934年に建てられた財閥、弘世家の邸宅。
緑の木々に囲まれた3層からなる純和風建築で、
当時、各界の要人らがここに集った。

DSC_2540.JPG

しかし、時代の波に揉まれ、取り壊されることに。
それに待ったをかけたのが、中国人貿易商の黄萬居氏だった。

素晴らしい伝統と歴史と文化を残したいと1945年、
黄家が買い取り、1963年には中華料理店「蘇州園」としてスタートした。

1995年からはイタリア料理をベースとした創作料理で
ブライダルやパーティーなどを手掛ける。
豪華な花がいたるところに.JPG
温もりのあるチャペル.JPG

私が初めて訪れたのは2009年。
黄氏の息子である黄耀庭氏に招いていただいた。

夜は篝火が灯り、何とも不思議な非日常世界。

レストラン、庭、BARカウンターと
BARカウンター.JPG

自由気ままに自らの好みで動ける空間に、心が開放された。


そして10年の時を経た2019年、黄耀庭氏の息子さんと出逢った。

昼下がりの蘇州園。

庭にある大きな石の上に立ち、屋敷を撮影していた私に、

    「神様の石の上ですよ」

           と笑顔で颯爽と現れた黄文清氏。

黄文清社長と筆者.jpg
黄文清社長と神様の石.JPG

弘世家は、この石を神の石としてお祓いをしていたという神聖な場所だった。

慌てる私に

   「大丈夫ですよ。私も幼い頃、この石を滑り台がわりに、滑っていましたから」

と、あどけない笑顔を見せた。

貿易会社の社長も務める多忙な社長だが、
毎月一度は東京からやって来る。

平常は生嶋孝司さんが任せられているが、生嶋さんも黄家の意志を継ぐ者のひとりで、
人の心に入るおもてなし精神に溢れている。
生嶋孝司総経理.JPG

シェフやスタッフを連れて産地にも行く。
生産者と会うことで生産者の思いなど、
自信を持ってお客様にお話しができるという。

四季折々の景色を眺めながら、四季折々の厳選された食材を堪能できる。
飾り過ぎない、素材の味を生かした料理に舌鼓。
派手さはないが、そこに日本の文化を感じる。
57319731_652955508477098_2905180419487956992_n.jpg
57133804_2115961758517422_3121706698885038080_n.jpg
58382987_1995303610772604_3365631025634869248_n.jpg

華僑が3代に渡り、日本文化の名残をこの地に確かに継承している。
そして、思い出すのは

黄耀庭氏の座右の銘

       「真 誠 相 待」
 
 真の心で思いやりを持って相手と接するという意味。

優しく笑いかけてくれたあの日を今も忘れない。
その心が、今も蘇州園に宿っている。

【写真・文:本堂亜紀】*料理写真提供:THE GARDEN PLACE SOSHUEN

 ■THE GARDEN PLACE SOSHUEN
    https://soshuen.jp/  電話:0081+78-851-3182
       兵庫県神戸市東灘区住吉山手4-7-28

+++++++++++++++++++++++++++++++++
★本堂会 特別企画★  
  7月28日(日)午後2時 御影集合

     蘇州園さんで非日常空間

素敵なウッドデッキのあるお部屋で、ドレスアップ姿でパーティ
57821879_1763401670472203_4834044846232567808_n.jpg
                     *写真提供:蘇州園


他にも素敵なお庭などで記念撮影を撮り合ったり、
生嶋さん と 本堂の トークショーも(^^♪
パーティーでのマナーや内緒トークまで、楽しい時間に
なると思います。

基本的に当会や本堂の講座をご受講の方を対象に
していますが、ブログをご覧で本堂と面識のある方は
参加OKです。連絡はメールにて。

 akihondo@jt7.so-net.ne.jp 本堂亜紀まで