So-net無料ブログ作成

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

今日の毎日新聞さん夕刊(近畿圏) コラム

  本堂亜紀の一期一会

20120604_毎日新聞_本堂亜紀_一期一会.jpg

先週の続きです。
史跡料亭として370年前の日本屋敷で営業を続ける
「花月」の女将さんのお話です。

現代女性へのメッセージもそこに・・・。

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

昨日の毎日新聞さんの夕刊(近畿版)

  本堂亜紀の一期一会
20120528_毎日新聞_本堂亜紀の_一期一会.jpg

毎回こうして、綺麗に写真に撮ってデーターで送ってくれる読者の方が
いるのですが、ほんとありがたいな~と思っています。

今回は、かつて三大花街のひとつだった長崎「丸山」の
入り口にさしかかるまでのお話です。
また、来週も読んでくださいね。

読んでいただいている皆様、
また編集長さんはじめ、新聞に携わっていただいている皆様、
いつもありがとうございます。

中国ニュース7月号 [執筆]


image-20120525165840.png

今月の月刊誌「中国ニュース」。
全国の大きな書店にあります。

毎月連載させて頂いている
「本堂亜紀の魅力的上海」で、今回はモンシュシュシュさんを、
書かせて頂きました。

三十代で頑張る女性総経理さんや、スタッフさんの心や笑顔が伝わればな。

是非、読んで下さいね。

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

昨日の毎日新聞夕刊(近畿版)

  本堂亜紀の一期一会

20120521_毎日新聞_本堂亜紀先生_一期一会.jpg

ミシュランひとつ星を3年連続獲得された
懐石料理「このは」さんを書かせていただきました。

大将の出会いは12年前。
「つる家」の料理長さんだったころ。

31歳で独立してから10年。
いろんなことがあった大将。

挑戦することで、一時、お客様が減った時期もあった。
でも、自分の信念を貫き、今がある。

それを伝えたかったのです。

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

5月7日(月)の毎日新聞さん夕刊で~す^^

毎週月曜日、連載(近畿圏)させていただいています。

20120507_毎日新聞_本堂亜紀先生_一期一会.jpg
いつも新聞をキレイにスキャンして
送ってくれる方がいます。
感謝感謝です。

「楽しそうに話す男性が写った写真とキャプションを見て、
なるほどと感心したのですが、本文を読んで50歳と知り、
その若さに驚きました。
投資会社の社長をしつつ、好きが高じてシルバーアクセサリーの
お店を開いたり、投資会社を友人に任せながら、自分自身が
店頭に立って接客販売をするところに、
中国人のマルチぶりを感じました。
更に、店頭を通じて市場の動向を探っていく辺り、流石は経営者だと
感じました。
今週も素敵なコラム、ありがとうございます」

という、感想付きで^^

来週も是非、皆さん読んでくださいね。

書くということ [執筆]

「書く」ということ。

何のために書くのだろう。
私は?

右も左も分からなかった体育会系だった私。

でも、多くの方のおかげで、
私は若くしていろいろなところに行かせていただき、
多くの人に出会ってきた。

そして、ひとりの人が、さまざまなドラマを持っていることを知った。

目立たなくても一生懸命生きている人。
めちゃくちゃ有名で、その陰でとてつもなく努力している人。
信念持ってひとつの物を作り続けいる人。

                             などなど。

そういった皆さんから私は
「宝の言葉」をいただいてきました。

だから、伝えたい。

毎週月曜日に連載させていただいている
毎日新聞さん夕刊コラム「本堂亜紀の一期一会」も、

観光紹介をしながらも、人にスポット。

昨日は、上海近郊の古い水郷の街「七宝老街」。
20120423_毎日新聞_本堂亜紀先生_一期一会.jpg

一日1万人が訪れる、観光スポット。
あやうくこの賑わいにのみ込まれそうになるが、
大事にしたいのは、自分の視点。

数ある商店の中で、気になった店(人)。
来週も続きます。

そして、毎月連載の月刊「中国NEWS」では、
10年ほど前、ひとりで上海に飛び込み
今や「上海での成功論」も講演されている
社長さんを書かせていただきました。

http://long-net.com/index.php?mid=PublicationP&page=1&category=321&document_srl=35778

上海観光親善大使 本堂亜紀の「魅力的上海」

のコーナーです。大きな書店にありますので、是非♪

書くということ、、、それはとても深いように思います。
よく、「書くことで自分と向き合える」と言います。

もちろんそうですが、
それだけではないように思います。

感じる心が養われたり、
自分らしさを表現したり、
人との関係を考えたり、

大切なことが文字を通して
あふれ出るような気がします。

そして、
新聞社や雑誌社のご担当の方には、
いつも大きなお力添えをいただき、ありがたく思っています。

また、先日の毎日新聞旅行さん主催の撮影ツアーで、
マダムが、

 「読ませてもらっています。紹介されてるお店、
  ちょくちょく行くのよ」

と。

そんな言葉に励まされ、カメラとペンとノ―トを持って
でかける。

明日は姫路へ。

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

昨日の毎日新聞さん夕刊

20120305_毎日新聞本堂亜紀一期一会.jpg

本堂亜紀の一期一会

熊本県人吉市にある、温泉旅館 あゆの里 の
有村女将さんを書かせていただきました。

読者の方や、女将さんからもメールをいただき感激しています。
お客さまからの反響もあったと聞き、
倍嬉しいです。

あゆの里の露天風呂がついたお部屋は最高です。
私が泊まらせていただいたのは、ひのき風呂。
前には球磨川が流れ、せせらぎをBGMに
ゆったりお湯につかる。

あぁ~~~、、、幸せ。

今年の秋には
本堂亜紀と行く熊本ツアー(女性限定)を
実施したいと思っています!

熊本で元気になろう!キレイになろう!

食事・温泉、そして何と言っても人に出会う旅を一緒に。
有村女将さんにも会いに行きたい。
人生、真剣に生き抜いてきた
強く優しく美しい女性。

だから、女性たちを連れていきたい。

***********************
【今日の夜ごはん】
__.JPG
事務所近くのそば屋さん。
この時期は熱燗ですね。

本堂亜紀の一期一会 [執筆]

昨日の毎日新聞夕刊の

  本堂亜紀の一期一会

20120227_毎日新聞本堂亜紀一期一会.jpg

熊本県人吉市の鍛冶屋さんのお話です。

皆さんからたくさん感想メールをいただき
ありがとうございます。
ツィートもありがとうございます。
@akifille  是非、ツィッターも見てくださいね。

この一期一会では、
私が仕事で国内外を行く中で、
出会った方を取り上げさせていただいています。

前向きに一生懸命がんばっていらっしゃる方。
生きてこられた中で、キラッ光る何かをお持ちの方など、

心に響いた皆様。

ひとりひとりの人生はまったく違う。
お話を聞かせていただけることを
ありがたく思っています。

そして、このコラムを書かせていただけることに
感謝しています。いつも、ありがとうございます。

熊本県上海事務所オープン [執筆]

先日、1月10-11日に上海で取材させてもらった

熊本県上海事務所オープン

写真・文:本堂亜紀で新聞に^^

img349.jpg
関西華文時報、1月15日付けです。

本堂連載の「上海視点」でです。
もうこの連載も57回目。
長い~。そして感謝~です。

くまモンがツィッターもフォローしてくれたし、
ますますがんばんなきゃね。

中国NEWS 3月号 [執筆]

毎月連載させていただいている

月刊中国NEWS(中国政府公認誌)
3月号が届きましたぁ。

DSCF0463.JPG

魅力的上海 の コーナー を 担当させてもらっています。
もう24回目の連載。あっという間に2年ですねぇ~。
社長さん、常務さん、ご担当の方、そして読者の皆さんのおかげです。

今回は、上海で活躍する日本人美容師兼経営者の方を
取り上げさせていただきました。

DSCF0465.JPG

5年前に一度お会いしているのですが、
あの頃よりもグッと男前になっていらっしゃいました。

その理由は、やはり仕事!
今回のタイトルは

 「人生のスタイリスト」 

雇用しているメンバーの人生を真剣に考え、
経営されているの。

是非、読んでみてくださいね。
大きな本屋さんで売っています♪

上海にはさまざまなスタイルの経営者がいる。
実際に会い、話しを聞かせてもらえることに感謝です。